大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・先生必見!コードでオンラインピアノレッスン!

上手に聞こえる弾き方には、コツがあります。まずは、流れるように弾く事。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ジュゲムブログTOP
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

音楽というのは、常に流れているように演奏します。
これが、上手に聴こえるコツでもあります。

反対にたどたどしく弾くと間違っていないのに、なんかうまくない弾き方だなあという事がありますね。

このたどたどしい弾き方ではなくて、流れるように弾くためには、どういうことに気を付ければいいのでしょう。

今日は、流れるような弾き方についてコツをお伝えします。

 

上手に感じる基準は

上手に感じる、又は聴こえるように弾くには、第一に、拍を感じるように弾きます。

 

拍と一口に言っても、とらえ方が難しいですよね。

拍?

は?

なにそれ?

美味しいの?

 

(すみません、よく書いているボケです。)

 

自分で数を数える時って、数は間違えないように気を付けますよね。

 

ですが、

止まらずに数える

とか

一定の速さで数える

などという事は、たぶん無意識にやっていて、

大人の方は、数が分からなくなって止まるということはあまりないと思います。

 

この数を数える時、実は、無意識に拍を感じながら数えています。

1.2.3.4.5.・・・・

 

同じ数えるでも、ものを数えている時は、実は拍は感じていません。

 

例えば、チョコを目で追っていて、数えている時は、

このチョコ数えたっけ?

次は、あのチョコだな、

って考えています。

 

ピアノの演奏でも、音をリズムを、鍵盤の場所を数えながら弾いている時は、拍を感じていないので、たどたどしい演奏になるんです。

 

では、どんな演奏がいいのでしょう。

それはですね、ピアノを、その曲を無意識レベルで演奏している時がいいんです。

その時は、音を数えてはいません。こんな風に弾こう、あんなふうに弾こう
とは考えていると思いますが、音を1個1個考えていないと思います。

 

拍を感じる弾き方

音を1個1個考えて、指を動かしている場合、

拍は感じられていないと思うので、たどたどしい弾き方で、言葉は悪いですが、幼い弾き方です。

この弾き方は、拍は感じられません。

 

音がしっかりと頭に入っていて、フレーズごとに演奏出来ている場合、音楽をこんな風に弾こう、あんなふうに弾こうと弾いている場合、
この場合は、大人な弾き方になっていると思います。

拍も感じられて、上手になっていく弾き方だと思います。

 

まとめ

弾き間違いもなくて、リズムもあっていて、指遣いも間違いがなくて、最初からしっかりと演奏出来ているにもかかわらず、どうも心に響かないという場合は、次に試す事は、拍を感じるための弾き方です。

どうぞお試しくださいね。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.