ぴぴピアノ教室//オンライン//対面

三連符演奏で注意して欲しい重要なポイントは、鍵盤に触れる指の範囲

WRITER
 
小指打鍵
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

三連符を弾く時、手が上下してしまって、滑らかに弾くことが出来ないんです。

困ったさん

今日の奏法解説は、三連符についてです。

三連符演奏で注意して欲しい重要なポイントは、鍵盤に触れる指の範囲

三連符の演奏で注意するポイントは、

  • 演奏のイメージ感覚
  • 演奏方法

です。

三連符のとらえ方は、イメージ感覚でとらえる

三連符って、1を三等分したものですよね。

これ、しっかりと割って、演奏するなんて、本当に至難の業です。

 

1÷3=0.33333333333333・・・・

 

だから、こういう場合は、感覚で捉えます。

大体このくらいかなあ・・
でいいです。

 

実際に演奏する時は、感覚では、わかりにくいですね。
そういう場合は、言葉に当てはめちゃいましょう。

3連符ですから、3つの言葉です。

三連符に言葉を当てはめた画像

三連符に言葉を当てはめた画像

 

みかん・リンゴ・ブドウ・お菓子・・

この言葉の通り繰り返せば弾けます。

この方法でもなかなかスムーズに、なめらかに弾けない方、更に見直すポイントがあります。

 

出来ない時は、鍵盤に触る指の部分を見直す

次に見直す事は、演奏フォームです。

このような三連符の演奏をする時、付点音符を弾いているようになってしまって、綺麗に弾けないという時があります。

 

この曲のこの部分で使うのは、左手の小指=5の指・中指=3の指・親指=1の指

小指は打鍵がしにくいので、加えて弱い指ですから、なんとなく小指の広い部分を使って打鍵してしまう方が多いです。
これが、くせ者なんですね~。

 

指の広い範囲で打鍵すると、手全体が傾きます。今まで、良い感じで綺麗な演奏フォームを保っていたのに、小指で打鍵した瞬間、手が左に傾いて、へたすると【あちょー】の形になっていませんか。

アチョーの手

 

 

この状態から、中指を弾く為に手をもとのポジションに戻し、次は、親指を打鍵する。

ところが、今度は、親指の打鍵の為に、手が下に下がってしまう。

これだと、元の体制に戻した手首が、またまた下がってしまいますよね。↓
この手首の高さから↓

小指を打鍵すると手首が下がり・・・↓

親指の打鍵のために、親指の高さに戻り・・・↓

親指の打鍵のために、手首が下がる↓

 

手首の上下運動の改善方法

これの改善方法は、常に、同じ手首の位置で、打鍵するようにします。

小指の時は、小指の先の方で打鍵します。

小指も中指も親指でも一緒です。

手首の位置は、動きません。

この高さから↓

中指の打鍵の時の手首の高さも・・↓

小指の打鍵の時の手の高さも・・↓

 

まとめ

三連符に苦手意識がある方は、私の教室でも多いです。

この2つの方法をお伝えすると、弾きやすくなったと言って頂ける事が増えました。
三連符で手こずっていたら、この方法を試してみてくださいね。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

大人のピアノ初心者さんの独学練習を
応援する無料メルマガ

体験レッスンについてはこちらから↓

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 大人の初めてピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.