大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・先生必見!コードでオンラインピアノレッスン!

【指を開く】というピアノ演奏の為の準備体操

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ピアノを弾く指
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

 

ピアノを弾く時は、ひたすら練習しますよね。

その練習の時にお役に立つことがあるんです。

 

今日はこのおすすめの事を書きます。

 

指の柔軟体操をお勧めする訳

ピアノを弾く時は、指をぴったりくっつけたままで練習することは無い、と依然お伝えしました。

指と指の隙間が空きます。

 

この隙間を空けるという事は、普段しない動きをする事になります。

この広さをしっかりと維持したままで、ピアノを弾かないとすぐ違う音を弾いちゃったりします。

 

何の音かわかっているのに、あれ?違う音を弾いちゃった・・?なんで?
あ~、もう何が何だかわかんない。

 

って、なります。

 

そんな時は、間違ったすぐその時に、指のストレッチをしましょう。

前後ではなくて、横に開きます。

 

詳しく書いた記事はこちらです↓

 

小学校のマット運動で、開脚前転があって、これが素晴らしくうまい子がいませんでしたか?

もともと体が柔らかいという子もいたでしょうが、普段から開脚の練習をする事で開くようになるらしいんです。友達に、家で練習して、出来るようになった子がいました。

 

これって、ピアノも一緒で、普段は、指を開いて生活する事はあんまりないと思います。ですが、練習すると開くようになるんです。

 

実際にストレッチをやってみましょう

片方の手だけで、容易に広がるととてもいいのですが、思ったより自分で開くのは難しいです。

そこで、片方の手に手伝ってもらって広げます。

 

その広がった感覚をつかむ為、しっかりと広げて捉えましょう。

目で見て、そして見ないで。

 

目をつむってでも、やってみてください。

 

両手で広がるようになったら、片手だけで広がるようにします。

 

まとめ

今日は、お試しでは無く、しっかりと出来た方がいいです。

とにかく取り組んでみてくださいね。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.