大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・幼稚園の先生必見!オンラインでコードを使った童謡のピアノレッスン!

早い速度で弾きたい時、まず【練習】の前に演奏フォームを見直してみてね

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ピアノを弾く手の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

 

ピアノを弾く時に、早く弾く為には、指の付け根から指だけ動かす事が出来ていれば、早く動かす事が出来ます。

今日は、この方法をお伝えします。

 

なかなか速度を上げる事が出来ない場合は、これって演奏する時に腕ごと動かそうと思っている、もしくは、腕ごと動かしてしまっているからじゃないでしょうか。もし、普段から、腕ごと・手ごと重さをかけて、鍵盤を弾いている人は、この機会に見直してみてください。

 

 

手ごと動かしている人

ピアノの鍵盤を打鍵する時に、一回一回、手首が下がっている人

このような人は、打鍵で手ごと動かしている人になります。

和音などを弾く時、上手く音の粒がそろわない人や上手く押さえられない人

こういう人も、無意識に手首が下がってしまっています。

他に

伸ばす音の場合で、伸ばしている間、無意識に休んでいる人

押さえつつ、下方向に引っ張ってしまっている人

こういう人も、手首が下がっている場合が、非常に多いですね。

 

腕ごと動かしている人

 

次は、腕ごとの人です。

この場合は、打鍵するのに、手の重さにさらに腕の重さがかかっているので、ますます早く動かすなんてできません。

一つ一つの音を弾く度に、肘から手までが動く人

このような人です。

この場合は、多分5分も弾き続けられないでしょう。

肩は凝るは、肩甲骨が張って痛くてたまらないといらっしゃいます。

 

対策

この場合、両方ともまずして欲しい事は、

指に、どこから動かして鍵盤を弾く(=打鍵)のかを伝える

この事が必要です。

簡単です。

 

机の上でも、鍵盤の上でもいいので、まずは、ふわりと乗せて構えの位置を作ります。

 

手の構え方については、こちらに詳しく書いています↓

 

鍵盤の場合は、音は出しません。

構えの位置から、反対の手を使って、指の付け根から指を1本づつ上につまみ上げてみてください。

指の打鍵の方法についてはこちら↓

これを、全ての指でします。

右手が出来たら左手、逆の場合は、逆の方法でやってみてください。

 

こうすると演奏の為の指の動く感覚がわかります。
これ、レッスンでも最初で扱いますが、皆さん、へえ、指ってこんな風に動くんですねっておっしゃいます。

 

次は、手首の構え方です。

A.手首を鍵盤から下げた位置に構えて、指を付け根から動かしてみる

B. 手首を鍵盤と水平の位置にして、指を付け根から動かしてみる

C. 手首を鍵盤よりずっと上に構えて、指を付け根から動かしてみる

 

この、どれが弾きにくいですか?弾きやすいですか?

弾きやすい位置が分かったら、いよいよ早く動かしてみましょう。
音を本当に出しますよ。

多分、あ、なるほど~と思って頂けたのではないでしょうか。

上手く行かなかった方

ここで見直すポイントは、力の向きです。指で、鍵盤を打鍵する時は、指先の方へ向かって力が出るように打鍵します。

この方法を間違うと指が早く動かせないので、ここも見直してみてくださいね。

注意点は、鍵盤はスイッチではないので、押しこまないでね。

✖のついたスイッチの画像

✖のついたスイッチの画像

 

 

まとめ

この早い速度で弾くというのは、本当にコツがあって、間違いも正せないとちょっと困った事になります。

けして、下手とかじゃないです。私自身もこれで苦労してきたんです。練習しなくちゃ、練習しなくちゃと思って来ました。でも、ここのポイントを見直したら、すぐに弾けるようになったんです。

腕の重さを使ってとか腕全体でとか体ごととかいう事は奏法ではあるのですがこの初期の場合は、腕ごとでは無く、まずは、指の付け根から動かすという感覚を身につけて、弾いてみてくださいね。

 

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.