大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

3つの音の和音を2音だけ押さえて、まずは打鍵の感覚をつかもう。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
和音 真ん中抜き
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
ピアノの先生。指導歴20年・譜読みの苦手な保育士さんや幼稚園の先生向けコード奏のレッスン・教室理念は【生きる力を育むレッスン】・趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です!
詳しいプロフィールはこちら
ぴぴ オンラインピアノ教室【大人のピアノ教室】、いのうえちづよです。

 

和音の押さえかたは、力の向きを考えると比較的、押さえやすいです。

こちらの記事で書いています↓

今日は、3つの音を持つ和音を演奏する時に、中指が押さえにくいというお話を伺ったので、その事について書きますね。

 

和音の感覚を掴むために、音を抜いて打鍵してみる

ある程度、練習された方、若しくは、クラシックでレッスンされている方は、演奏中の曲の中指を抜くというわけにはいかないと思います。

お習いの先生の方針もあられるでしょう。

まだ、ピアノに触られて間もない方、独学の方は、試してみて欲しい方法があります。

中指を抜いて演奏してしまいましょう。

ハ長調のⅠの和音はドミソでしたね。

まずはこれを使ってお試し演奏します。

ドとソのみ
にしてしまいましょう。

この方法だと
短調の和音(・♭ミ・)でも
長調の和音(・ミ・)でも
演奏出来ますから、楽ですよね。

コードネームで言うと、
Cm(シーマイナー)(・♭ミ・)でも
CM(シーメジャー)(・ミ・)でも
演奏出来るという事です。

そして、中指を演奏しようと思ったら、

少しだけ、手首を高めにして、手を、和音の型に保って、鍵盤を押してみる

をしてみてください。

少し、手首を高くするだけでもいいです。

弾きやすくなりますよ。

習い始めたばかりの方にとって、左手を、または、利き手では無い方を動かすという事に抵抗があると思います。

1日何時間も練習出来る環境にある方は、良いと思うのですが、そういう方は、稀でしょう。

なので、まずは、コツを身に付けて、感覚をつかみましょう。

それから、ゆっくりと音を増やしていっても問題ないと思います。
余談ですが、真剣な、又は、怒りながら練習しても上手くなりません。
笑顔で弾くと、緊張が取れて、良い結果を産むらしいです

テレビで、スポーツの監督さんもおっしゃっていました。
最近見たのですが、真剣な顔で、走るよりにこにこして走った方がタイムが伸びるという駅伝があったんです。
ご覧になった方もいらしたのでは?

やっぱり、楽しい思いで演奏するという事は、一つのコツなんです!

今朝も、お読み下さってありがとうございました。

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
ピアノの先生。指導歴20年・譜読みの苦手な保育士さんや幼稚園の先生向けコード奏のレッスン・教室理念は【生きる力を育むレッスン】・趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2014 All Rights Reserved.