ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 // オンライン

ト音記号の場所の音は、左手で弾く場合もある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

私手が小さいので、届かない和音があるんです。どうやって弾いたら良いですか?

やよいさん

今日はその事について書いてみますね。

 

ト音記号の場所の音は、左手で弾く場合もある

ト音記号の場所の音は、右で弾くとは限らないんです。

どういう事かと言うと、曲を作った人は、万人の手の大きさに合わせて曲を作るわけでは有りません。
まして、10度の音が届いた方も居たとか。
10度というと、例えばドの音から、ミの音までですよね。

そういう作曲家が作った曲は、音の幅が広い曲が多いです。

そういう曲を演奏するには、方法があります。

楽譜に記号で弾き方が書かれている場合

基本的にト音記号の部分は右手で弾いて、ヘ音記号の部分は左手で弾きます。

これが、一般での決まりです。

 

ですが、楽譜によっては、

  • 右手の部分でも左手で弾いてもいいよ
  • 左手の部分でも右手で弾いてもいいよ

と書いてある場合があります。

 

こんな場合です。こんな場合は、この印が付いている部分は、それぞれの部分で弾いてもいい部分です。

 

楽譜にカッコの記号が書いてあるのがおわかりでしょうか。

黄色い矢印の部分ですね。
楽譜によっては、親切にこういう記号が書いてあるものがあります。

上の楽譜の記号は、上に向かって棒が伸びています。
こういう書き方の場合は、この部分から後の楽譜の部分は、右手で弾いてもいいですよ、という意味になります。

その前には、下に棒が伸びている記号が書いてありますから、その部分は、左手で弾いてもいいですよ、という部分です。

この楽譜は、バッハの曲で、3声といって、曲が声部によって別れているので、真ん中の声部を両手で分担して弾く事になるんですね。

他にこんな部分もあります。

これは、クラシックの楽譜ではありませんが、

 

楽譜の右手表記 2019.9.22

この、言葉で書いてある部分です。

r.h.と書いてある部分は、right handです。

右手でという意味です。
ヘ音記号のところに書いてあるのですが、右手で弾いてもいいですよ、という表記になります。

 

l.h.の場合は・・・もうお分かりですよね。

left hand 左手で、ですね~。

 

楽譜に弾き方が書かれていない場合

楽譜に書いていない場合でも、右手と左手を使って演奏しても大丈夫な場合があります。

それは、手が小さかったりして、和音が届かない場合ですね。

または、左手の小指を押さえっぱなしにして、親指を人差し指で曲の演奏をする場合がありますが、どうしても届かない場合ってあるんですよね。

そんな場合は、ペダルに助けてもらって、右手でその親指人差し指の部分を演奏する事があります。
基本の形はあるのですが、決まりはないので、曲の演奏に役立ててみてくださいね。

 

和音もばらして弾いてみる

余談ですが、和音が届かない時は、前の部分に書いたように、両手で演奏する事もあります。

さらに、こういう、波線の記号が付いている事がありますよね。

 

これは、下の音から順番に音を押さえる事で和音を演奏できます。

 

基本的に押さえた順番に、鍵盤を押さえっぱなしで、全部の音の響きを重ねるのですが、出来ない場合は最初の音でペダルを踏んでおけば、鍵盤から指を離しても大丈夫です。

この記号が付いていなくても、音が押さえられない時は、このような押さえ方に変えて、響きで和音を演奏してみましょう。

試してみてね。

 

まとめ

楽譜に書いてある音を演奏する場合、指が短かったり、手が小さかったりする事ってあって、そのせいで、演奏しにくかったり、出来なかったりする事ってありますね。

私などは本当にそうなんですよ。
普通サイズより微妙に小さいと思います。

そういう時は、ここに書いてきた事を実践してみてくださいね。
両方の手も使いつつ、ペダルさんにも助けてもらって演奏してみてくださいね~

今日もお読みくださって、ありがとうございました。

 

無料メルマガ画像

無料メルマガ特典

]

ピアノ初めてさんの一人でピアノ練習を応援する
無料
メルマガ

  • ・独学でピアノの練習を頑張っていらっしゃる方
  • ・もっと素敵にピアノを弾きたい方
  • ・ピアノ演奏が上達したい方

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら