かんたん!コード弾き/演奏フォームは大切!

ピアノ演奏の音量を調整するのは手・腕のどこを使う?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

肩甲骨は、背中の真ん中ぐらいから出ていますね。

今日はこの肩甲骨ごと使う演奏が、ピアノ演奏に及ぼす力を書いてみます。

ピアノ演奏の音量を調整するのは手・腕のどこを使う?

ピアノは、実は指先だけ使って演奏するわけではありません。

欲しい音量によって、体のあちこちを組み合わせて、弾くんです。

肩甲骨まで使う時は、fff

肩甲骨まで使って音を奏でる時は、かなり大きな音を出す時だと思っています。

いつものように演奏曲によって、又は、個人の演奏表現によって、違う場合ももちろんありますが、まあ、大きな音ですね。

 

ピアノを弾く時は、

  • 指だけを使う場合
  • 手まで使う場合
  • 肘までの腕ごと使う場合
  • 腕全体を使う場合
  • 体全体を使う場合

で、音量を加減する事が出来ます。

 

だから、その為には、準備が必要で、椅子の位置もそのうちの一つです。

複人数で楽器を使っている場合は、必ず自分に合わせて椅子の高さを変えてくださいね

 

そして、しっかりと足で踏ん張って、支えないといけないんですけど、でも、体にがちがちに力が入っていたらいけないんですね。

以外とこの加減が難しいですよね。
この演奏する時って、直立不動では演奏していないです。

すこ~し前かがみになって演奏しています。
この姿勢がとても大切ですね。

 

最初から最後まで肩甲骨まで使った演奏をしていたとしたら

最初から、最後まで肩甲骨を使った演奏をしていたとしたら、すごく肩が凝ると思います。

力がとても入っているので。

 

音をひとつ一つ打鍵する時、腕ごと動かしている方って結構見ます。
まずは、肩をだらんとして、腕を体の横に下げましょう。

 

そして、何かに吊り上げられるように手首から持ち上げます。
そのまま、鍵盤の上にふわっと指を乗せます。

イメージとしては、全ての重みを指先に向けて手全体を支える感じ、です。

 

こちらの記事に詳しく書きました。↓

 

今日のレッスン

1本の腕って、相当な重さらしいです。
ピアノを演奏する時、この腕全体の重さを使って毎回演奏していたら、とても大変ですよね。

肩は凝るし、指もダメになっちゃいます。

腕ごと持ち上げようとするから、走り高跳びをするような構えが必要になったりするんです。
普段は、指先だけです。

指先だけで弾く方法は、掌の方へ力を向けない、です。

指先の方へ力を向けて弾いてくださいね。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2019 All Rights Reserved.