ぴぴピアノ教室

ピアノ椅子の座り方【ピアノ独学講座 5日目】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人初めてピアノ教室】いのうえちづよです。

独学5日目の今日は、その椅子の座り方をお伝えしようと思います。

鍵盤楽器を練習する時は、正しい椅子の高さ・位置に座りましょう。

なぜなら、鍵盤を弾く時、打鍵の力の向く先が決めやすいからです。

 

 

ピアノ椅子の座り方

ピアノ椅子の座り方には、ふさわしい座り方があります。

それは、以下の内容です。

  • ・背もたれにつかないように座る
  • ・座面の高さは、腕が斜めにならないように座る。
  • ・鍵盤からの距離は、鍵盤上に手を(腕を)構えた時、肘が横か、やや前の方に来る位置で座る。

ひとつづつ説明しますね。

背もたれにつかないように座る

ピアノの椅子には、普段の事務作業をするよう時のように、深く腰掛ける事はありません。

座った時、両方の足が自由に動くように、やや前の方に腰掛けて、背もたれに、背中がつかないように座ります。

なぜなら、【エリーゼのために】のような曲は、鍵盤を左右、たくさん使って演奏するので、両方の足でしっかりと体を支えるようにしないとかなり不安定になります。がっつり座っていては、足で支えられないからです。

もちろん、足を組んだ状態でピアノなんか弾けませんよね。

また、ペダルを踏む場合は、指先だけで踏む事はしません。
必ず【踵を付けた状態】で、ペダルを踏みます。

そのためにも、やや前の方に腰掛けます。

 

座面の高さは、腕が斜めにならないように決める

椅子の高さは、この図のように、鍵盤と腕は平行になる位置にします。
高くしすぎたり、低くしすぎたりすると、その分手首が必要以上に下ったり、上がってしまったりします。

そうなるといざ、鍵盤を叩く時に、うまく打鍵できません。

tenokatachi-2 〇✖付き

 

鍵盤からの距離は、鍵盤上に手を(腕を)構えた時、肘が横か、やや前の方に来る位置で座る。

目の前の鍵盤だけを弾く場合はいいのですが、曲によっては、体の前を腕が横切ります。
そのたびに、体を反らして、間を空けていては、曲の演奏に集中できないですよね~。

なので、腕を自由に動かせるように、やや間を開けて座ります。

横から見た正椅子の位置の画像

横から見た正椅子の位置の画像

 

目線にも注意

ピアノの前に座った時、目の前だけの鍵盤に意識を集中するのではなくて、両サイドも視界の端に入っているぐらいの位置に座るのが理想。

先ほどと同様、この事も併せて考えると、やはり鍵盤から少し離れた位置に座る事になると思います。

 

 

椅子に関する注意点

最近のピアノ椅子、横に広いです。

そのせいか、演奏時に、お尻を右に左に移動させて演奏される方がいます。
これはやめましょう。

届かないから・・。

それはやはり座り方が良くないから、だと思うので、今一度、座る位置を見直してみてくださいね。

 

今日のレッスン

腕がのびのび動かせるように、必ず、【ピアノを弾く】座り方を意識してくださいね。

そうだ!
ピアノを弾く場合、足をそろえていては支える事が出来ないので、ある程度、服装も注意してね。

 

4、ピアノ初めて4日目音を出した瞬間に注意!

6、ピアノ初めて6日目【ピアニストのような構え方で、演奏への気構えをイメージする】

 

]

大人のピアノ初心者さんの
ピアノ練習を
応援する
無料メルマガ

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。