大人向けピアノブログ

ピアノ独学、3日目は手の形をイメージ!【初心者 10日間】

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

さて、今日はピアノを独学で始めたいという方向け記事の3回目

合わせて、そろそろ楽器購入についても書いてみました。
おすすめ記事はこちらです。

楽器の選び方【ピアノ独学】

 

3日目は、手の形をイメージ!

指がバラバラに動かせるようになりました?
継続は力なり~ですよお。

さて、3日目の今日はピアノを弾く時をイメージして、実際ピアノを弾く場合の【手の形】を考えてみましょう。

鍵盤に指を乗せて演奏する時は、あたかも指先からビームが出るように、そろえて鍵盤に乗せてもピアノは弾けません。

 

あちょ~!

088405

 

 

かといってぎゅっと丸めると良いかというとそうでもなく・・(^^;)

 

椅子に座った状態で、(自然に立っている状態で)腕を体の横にだらんとたらします。その時の手の様子を観察してみてください。自然な感じで丸くなっていますよね。

2019.2.7 手の形2019.2.7 手の形NO2

 

その丸くなっている状態の手をそのまま鍵盤の上にフワッとのせてください。
それ!それが基本の手の形です!

 

このときの注意点は

親指から絶対に乗せない事!
親指から持っていくと手が右側に傾きます。左手の場合は、左に傾きます。これは困る形です。

2019.2.7 右手 傾き

中指、お兄さん指から持って行ってフワッと乗せますよ。

2019.2.7 手の傾き 右手 正しい
するとピアノを弾く指・手の形が出来上がります。

 

指の形は最初からが大切です。

肩こり・腰痛・腕の痛み予防!
間違ったフォームだと、間違いなく痛みが出ます。これ、本当です!

そして、正しいフォームだと、はやく指を動かすことが楽になります。

ラッキー!

 

ピアノの弾き方

ピアノというのは、指先だけで押さえつけて弾くような力の入れ方をすると腕も痛いし。

この時に演奏フォームが悪いとますます肩甲骨のあたりから肩・腕まで痛くなっちゃいます。
いわゆる肩こり。

肩こり辛いですよね~。

ピアノの演奏時の肩こりや痛みは、力の入れ方・演奏フォームを考えるだけで、正すだけで和らぎます。
なので、まずは、演奏フォームを見直したうえで、ピアノの力の入れ方を研究する事はとても必要な事です。

これさえできれば、かなり楽に、楽しく弾いてられますよ。

教室でも、ピアノ演奏時の肩こりを訴えて移って来られた生徒さんの不調が、フォームを正して、ピアノの弾き方を直すだけで、ちゃんと消えましたから、実証済みです。

 

今日のレッスン

たかが演奏のフォーム。されど演奏フォームです。
まずは、基本をしっかりと押さえましょう。

楽しくリズムよくやってみてくださいね~!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県姶良市で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です