かんたんコード弾き//対面//オンライン//演奏フォームも大切!

付点練習が出来ない時、考えられる理由は2つ。リズムが把握できないのか指が動かせないのか、あなたはどちら?

WRITER
 
付点のリズムの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

technicの本では、付点練習をよく見ますね。

この付点練習の目的の一つは、付点練習と逆付点を弾く事によって、滑らかに演奏する事を狙います。

でも、この滑らかに弾く前に、付点の演奏ってとてもしにくいですよね。
今日は、この付点練習がうまく出来るための、お話です。

付点練習が出来ない時、考えられる理由は2つ。リズムが把握できないのか指が動かせないのか、あなたはどちら?

付点練習は滑らかに指を動かす為ですが、その前に、付点で指が動かせる事が、大前提ですね。

そのためには、以下の事に取り組んでみてください。

  • リズムが把握できているか確認する
  •  付点のリズムの指が動かせるか確認する

リズムが把握できているか確認する

付点のリズムは、スキップのリズムと言ったりします。

タッカタッカタッカタッカ・・というリズムですね。

この演奏が出来ない場合、リズムがわかっているか、手拍子をしたりして確認をしてみましょう。

曲で言うと【ミッキーマウスマーチ】だったり、【あめふり】などのリズムが、付点のリズムになります。

この曲に合わせて、手拍子などをしてみましょう。

リズムが把握できているようだったら、次に進めることができます。

 

 

 付点のリズムの指が動かせるか確認する

付点の練習で、指が動かせ無いなあという場合は、演奏フォームなどの型がまだ定まっていない・指がまだ出来ていないという場合が考えられます。それから見直してみましょう。

まずは、指先だけでの演奏が出来ていない方、手全体を押し付けるように、力を込めている方は、少し抜くようにしてみるといいと思います。

手拍子で、付点のリズムを叩く時に、リズムはわかっているんだけど、たどたどしく叩いていた人も、力が腕全体に入ってしまっている人です。

このような人も見直してみてください。

 

 

 

力の向きは、指先へ

力の向きは、指先へ

改善点 ①

ピアノの鍵盤を弾く時、指先の方へ力の向きを変えます。

まずは、手全体で指を押しこんでしまっていないか確認してみてください。

そんな感じが見られたら、打鍵すると同時に指の方へ力移動をしてみましょう。

 

改善点 ②

指の付け根から指の上げ下げが出来るように動かしてみます。

打鍵をする時に、指だけではなくて、手全体が、下に下がる人がいますね。
これも先ほどと似たような事ではありますが、打鍵する時は、あくまで指の部分だけが上下するように気を配りましょう。

 

 

習い始めの頃は、どんな風に鍵盤を叩いていいのか、弾いていいのか加減がわかりませんね。
指も1本1本が完全に独立して動く事はありません。

こういう場合は、少しだけ手を高めに構えます。

 

この手の構えの方法についてこちらの記事に詳しく書きました↓

 

まとめ

付点の練習は、負荷がかかる分、レガート奏法に戻した時にスムーズに早く弾けるようになる練習方法です。
がしかし、まずは、付点のリズムがわからないと、滑らか奏法に結びつきません。

まず、取り掛かりをこんな風にしてみるとやりやすいよ、というご紹介でした。

今日もお読み下さってありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.