ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 // オンライン

【Udemy教材のご紹介】目指せストリートピアノでアレンジ演奏!まずは、コードの簡単な弾き方から学ぼう。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人初めてピアノ教室】いのうえちづよです。

ピアノの全くの初心者なんですけど、楽譜を読むのも難しそうだし、テクニックの練習は難しそうですよね。簡単にピアノを弾く方法ってありますか?また、どれぐらいで弾けるようになりますか?将来は、駅ピアノみたいなピアノを弾いてみたいんです。でも、年齢的に、長くかかるのは、あまり取り組めないと思うんです。

まささん

こういう方に向けて、【Udemy】というオンラインのマーケットプレイスを使って、30分の動画教材を販売中です。

【Udemy】についてはこちらから↓
https://www.udemy.com/

 

教材は、こちらから↓
直接サイトに飛びます。
無料の部分があるので、ゆっくりとご覧になってみてください。

【目指せストリートピアノでアレンジ演奏!まずは、コードの簡単な弾き方から学ぼう。】

【Udemy教材のご紹介】目指せストリートピアノでアレンジ演奏!まずは、コードの簡単な弾き方から学ぼう。

この教材は、

  • 楽譜はほとんど読めない
  • 使うのは、楽譜に書いてあるコード
  • 両手で、コード弾き
  • メロディは、弾いてもいいし、弾き語りでもいい

簡単なピアノの演奏ができる方法を学べる30分の動画教材です。

コードを使って、ピアノを弾く方法とは

この教材を使う事で、達成できるピアノを弾く方法の手順は、

  1. 【目標】好きな曲のコード弾きを学んで、レパートリーを1曲作る
  2. 【基礎理解】コードってなに?
  3. 【学習手順1】コードで使われているアルファベットを調べる
  4. 【学習手順2】アルファベットを使って書かれたコードの構成音を調べる
  5. 【学習手順3】調べた構成音を使って、両手でコードを弾く方法を学ぶ
  6. 【学習手順4】構成音を使って、基本的なリズムでアレンジする方法を学ぶ
  7. 【実践練習】好きな曲に書かれているコードを使って、コード弾き・弾き語りをする

この教材の信頼性

この教材を作っている講師は、音楽の指導歴36年、ピアノの指導歴25年。
教員経験が6年あります。

教室での生徒さんは、のべ60名の方の指導経験、2,000人近くの生徒さんと関わってきました。

教室の生徒さんは、保育士さんや学校の先生も多く、このコード弾きを使ったレッスンを実施。
ご年配の生徒さんには、コード弾きで、ご自分の好きな曲に挑戦して頂くレッスン実施。

 

読者の方へ

ピアノを弾いた事がないけど、弾けるようになりたいとおっしゃる方へ作った初級教材です。
楽譜が読めなくても、音にする方法があります。
まずは、そこから始めて、1曲レパートリーを作ってみませんか。

楽譜に慣れる事も大切だし、理論を学んでからというのもわかるのですが、音にできないと意味がない。
この教材を使うと、弾きたい曲に書かれているコードを使って、簡単にピアノを弾く方法がわかります。

音符の玉を読まなくても大丈夫です。

いきなり、プロの演奏を目標にしても、なかなか達成するのが難しいし、なにより、鍵盤に触るレベルになるまで、時間がかかりすぎます。

それより、まずは、鍵盤に慣れて、いろいろな曲を簡単なレベルでもさらっと弾けるようになる方が、ずっと有意義です。
ぜひ、この教材で、ピアノの楽しみを手に入れてください。

 

1【目標】好きな曲のコード弾きを学んで、レパートリーを1曲作る

この教材の目標は

【好きな曲のコード弾きを学んで、レパートリーを1曲作る】

です。

まずは、1曲仕上げる事

1曲 レパートリーがあると、どこでも弾けるし、人前でも演奏できると思います。
まず、1曲、演奏できる曲をしっかりと仕上げましょう。

その後、追加練習して、レパートリーを増やすでいいと思います。

または、1曲仕上げた曲を大切に演奏しながら、弾き方を変えていくというのでいいかと思います。

  • レパートリーを増やす
  • アレンジで1曲を長く弾いていく

アレンジは、拍を基準に考える方が良い

3秒子の楽譜

3秒子の楽譜

アレンジは、まずは、3拍子・4拍子などの拍を基準に考えてから、その曲のイメージに合ったものを考えます。

この教材では、まずは、拍に沿ったアレンジ法をお伝えしています。
まずは、これが弾けるようにしましょう。

これに取り組むと手っ取り早くアレンジに挑戦できます。

 

2【基礎理解】コードってなに?

コードについての、基礎理解をしましょう。

コードの仕組みについて学んでもらいます。
この事を学ぶと、たくさんのコードを丸覚えする必要がなくなります。

 

3【学習手順1】コードで使われているアルファベットを調べる

音の読み方

音の読み方

コードには、アルファベットが使われています。
それを学んでもらいます。

練習しつつ、学びつつ進めていってください。

 

4【学習手順2】アルファベットを使って書かれたコードの構成音を調べる

コードは、和音でできています。その和音の事を構成音と言います。
最初にまずは、好きな曲の楽譜に書かれている、或いは、コード譜・リード譜に書かれているコードの構成音を調べます。

これは、次に繋げていけるように、仕組みで調べる方法が学べます。

5【学習手順3】調べた構成音を使って、両手でコードを弾く方法を学ぶ

コードの弾き方

コードの構成音がわかったら、次は演奏に結びつけましょう。

片手それぞれで弾く方法と、弾き語りなどに結びつけられるような両手で弾く方法を学びます。

6【学習手順4】構成音を使って、基本的なリズムでアレンジする方法を学ぶ

リズムはいろいろなパターンがあります。

ですが、元になるのは、その曲が何拍子でできているかという事。

まずは、そこに注目して、曲が作られている拍子でその曲のアレンジ演奏を学びます。

7【実践練習】好きな曲に書かれているコードを使って、コード弾き・弾き語りをする

学んだ事を使って、大好きな曲のアレンジ演奏の練習をしましょう。
完璧を目指す必要はありません。

弾けるようになったら、いろいろな所で弾いてみるが一番上達が早いです。

ストリートピアノ巡りもいいですよね〜。

都会のピアノだけじゃなくて、田舎にもピアノってありますよ。
田舎の駅ピアノも本当に素敵なところに置いてあります。

1回目は、敷居が高いけど、1回やってしまえば、2回目はもう経験者ですね〜。

まとめ

 

さあ!

ご自分の力で、人生の楽しみを手に入れませんか?

教材は、こちらから↓
直接サイトに飛びます。
無料の部分があるので、ゆっくりとご覧になってから、決められてくださいね。

【目指せストリートピアノでアレンジ演奏!まずは、コードの簡単な弾き方から学ぼう。】

無料メルマガ画像

無料メルマガ特典

]

ピアノ初めてさんの一人でピアノ練習を応援する
無料
メルマガ

  • ・独学でピアノの練習を頑張っていらっしゃる方
  • ・もっと素敵にピアノを弾きたい方
  • ・ピアノ演奏が上達したい方

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。