≪お電話の方は、メッセージどうぞ。

初心者さん大歓迎!大人のためのゆるゆるピアノブログ 

ぴぴピアノ【大人のピアノ教室】ー鹿児島市

ミニお試しレッスン追加しました。

【ピアノの発表会】本番直前、どんな練習すればいい?

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

譜読みもばっちり、暗譜もできた。

衣装も今回は、奮発しちゃった。

2・3日後の本番に向けて・・何をすればいいの?

 

本番直前の練習

本番前の練習って大切です。

基本的に、今まで弾いてきた内容をさらに弾きこむ事です。

そして、間違った時の対策もばっちり。

 

これに気を付ければ、聴いてくださっている方にも、思いやりのある演奏になります。

 

 

ゲシュタルト崩壊現象に気を付ける手立て

ここで問題なのは、物凄く練習してくると、本番前に全く弾けなくなることがあるという事です。
本当に今まで何を弾いてきたの?ってくらいになる時があります。

私も経験あります。

コンクール当日、ステージに上がって最初の一小説を散々繰り返した挙句、全く思い出せず、さっさとステージを降りて来てしまいました。

今でも鮮明に覚えています。

この現象は、特に一生懸命、練習していると起こりやすいです。

何を隠そう、私もなりました。

 

そこでやって欲しい事は、自分の本番までのサイクルを見つける事です。

なんとなくでもいいです。

ご自分の本番までのサイクル

譜読み→大体弾ける→スラスラ弾ける→曲想も付けて弾ける→ミスもなくなった→暗譜(楽譜を見ないで弾く事)→本番前練習→突然、音を忘れる→なかなか弾けない→スランプに陥る→復活→本番 。

こんな感じです。

いつも、よく本番前にこういう状態になる方は、前もって弾きこんで発表前にスランプまでもっていっておくという手立てが取れます。

逆に、スランプに陥る前の状態で、発表会に出る事が出来るように調整するという事も出来るんですね。

『そんなあ、無理だあ』
と思われますよね。

 

ところが、回数を重ねていくとこれが出来るようになるんです。

そして慣れてくると、全てこの通りに行かなくても、途中を端折る事が出来るようになっちゃうんです。

ふっしぎ~

 

これって、なんでもそうですよ。スポーツをたとえにあげると選手が【本番に向けて調整する】とか【いい具合に仕上がってきた】とかニュースで言ってますよね~。

 

また、地区のスポーツ大会で、【今回は体が重くてうまく動けなかったから、次は、前もってランニングして、調整しておこう!】というのと一緒ですよ。

【ランニングをして調整】という事は、【それをすれば、本番では体が動くように持っていけるという事が自分で分かっている】という事です。

あれですよあれ。

 

毎回これが出来るようになったら、プロの域ですが、素人の方でもこれは出来るようになりますし、本番前の調節如何によっては、練習よりももっといい演奏が出来たりします。

やるかやらないかだけですよお。

ご自分のサイクルを見つけてみてくださいね~

 

 

 

今日のレッスン

本番前の曲の練習では、【間違うための練習】をして欲しいです。

合わせてやって欲しい事は、自分のサイクルを考える事。

そして、毎回それのどこに本番をもっていくか考える事です。

ぜひ、お試しくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴピアノ【大人のピアノ教室】ー鹿児島市 , 2019 All Rights Reserved.