かんたん!コード奏/演奏フォームは大切!/保育士・教員専門

保育士・教員の方へ。譜読みが苦手でも、短い時間でピアノが弾けるようになる方法があります!

苦手なリズムは、そのリズムを持つ言葉を当てはめるのが、演奏のコツ

Chizuyo
WRITER
 
三連符
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

リズムが上手く演奏できない時、ちゃんと把握できない時は、言葉に当てはめるのが一番早いです。

今日は、このお話です。

苦手なリズムは、そのリズムを持つ言葉を当てはめるのが、演奏のコツ

リズムは、楽譜を見てパパっと叩けた方がいいです。
それが、初見演奏にも結びつきます。

でも、理屈で分かっていても、なかなか思うように、リズムが把握できない時がありますね。

そういう時は、そのリズムを持つ単語で、演奏してみるといいですよ。

三連符

三連符・16分音符

 

例えば、三連符。

三連符は、Ⅰの長さを3つに分割して演奏しますね。
これって、とても難しいです。

もともと1は3では割り切れませんから。

中学教師をしていた時にも、吹奏楽部の子ども達に三連符を教えるのに、1÷3がなかなか把握させる事ができなかったです。

そこで、伝えたことは、言葉の持つリズムを使用すること。

まさかまさかそんなそんな…で弾けばいいのよ~

Chizuyo

というと一発で理解してもらえました。

私の子どもの頃の本にも、当時習っていた先生が、めちゃくちゃ印を書き入れて、リズムを把握させるために書きこんで下さったのが残っています。

ありがたいことです。

 

言葉を使ったリズム演奏での注意点

ここで、注意は、最後の音を不必要に伸ばさないという事です。

場所によっては、方言などで、語尾を伸ばしたりする場合がありますよね。
教室でも、そういう生徒さんがいらして、せっかく三連符はわかって頂けたのに、違うリズムになってしまっていた方がいました。

まさか~、まさか~と伸ばしちゃうと、違うリズムになってしまいますね。

Chizuyo

 

それから、いろいろな言葉を当てはめて、リズムを感じてもらうと、本当に簡単に弾いてもらえるように、なりました。

まとめ

最初にお伝えしたとおり、リズムというのは、楽譜を見てぱぱっと叩けた方が良いです。
楽器で演奏を始める時には、指使いや指番号表現の方に気を使って頂きたいからです。

でも、それが難しい時もありますよね。

その時は、言葉で当てはめるとリズムを把握しやすいです。

 

自宅で、1人で練習する時は、迷って解らなくなった挙句に、1週間以降のレッスンでは、1週間練習した全く違うリズムを持って行った…という事にならないようにこの方法をお勧めしています。

言葉に当てはめてみましょう。
リズムに合う言葉を考える方が時間がかかったりする時もありますが、楽しんで取り組んで頂けるとありがたいです。

今朝もお読み下さってありがとうございました。

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.