大人の初心者向けのオンラインピアノ教室です。教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

譜読みが苦手でも大丈夫!保育士・先生必見!コードでオンラインピアノレッスン!

難しいリズムは言葉をはめるのが一番

Chizuyo Inoue
WRITER
 
言葉を当てはめたリズム
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

リズムが上手く演奏できない時、ちゃんと把握できない時は、言葉に当てはめるのが一番早いです。

今日は、このお話です。

 

リズムは、楽譜を見てパパっと叩けた方がいいです。

理屈で分かっていてもなかなか思うようにリズムが把握できない時がありますね。

 

私の子どもの頃の本にも当時習っていた先生が、めちゃくちゃ印を書き入れてリズムを把握させるために書きこんで下さったのが残っています。

ありがたいことです。

 

中学教師をしていた時、吹奏楽部の子ども達に三連符を教えるのに、1÷3がなかなか把握させる事ができなかったです。

そこで、3つの言葉で、まさかまさかそんなそんな…で弾けばいいのよ~

というと一発で理解してもらえました。

 

ここで、注意は、最後の音を不必要に伸ばさないという事です。

まさか~、まさか~と伸ばしちゃうと違うリズムになってしまうからね。

 

それから、いろいろな言葉を当てはめてリズムを感じてもらうと本当に簡単に弾いてもらえるようになりました。

 

リズムというのは、楽譜を見てぱぱっと叩けた方が良いです。
楽器で演奏を始める時には、指使いや指番号、表現の方に気を使って頂きたいからです。

それが難しい時もありますよね。

その時は、言葉で当てはめるとリズムを把握しやすいです。

 

自宅で、1人で練習する時は、迷って解らなくなった挙句に、1週間以降のレッスンでは、1週間練習した全く違うリズムを持って行った…という事にならないようにこの方法をお勧めしています。

言葉に当てはめてみましょう。
リズムに合う言葉を考える方が時間がかかったりする時もありますが、楽しんで取り組んで頂けるとありがたいです。

今朝もお読み下さってありがとうございました。

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
オンライン専門ピアノ教室講師・指導歴約20年・今まで2000人以上の生徒達と関わる・譜読みの苦手な学校の先生・保育士さん向けオンラインによるコード奏のレッスン・生きる力を育むレッスンが教室理念❤️趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.