鹿児島県鹿児島市・たまざと団地

教室レッスンでは、弾き方と知識を扱う事で、ピアノの上達を目指しています。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

子どもを元氣にする ぴぴピアノ教室 講師いのうえちづよです。

教室のレッスンは、曲を与えて、生徒さんが練習してきて終わりではありません。
上達するための弾き方と知識を扱ってます。

教室レッスンでは、弾き方と知識を扱う事で、ピアノの上達を目指しています。

リズム打ちの様子

リズム打ちの様子

教室のレッスンで、生徒さんに伝えている事は、

  • ピアノを上手に弾くための弾き方
  • ピアノを弾くための知識

この2つが大元になっています。

ピアノを弾くための弾き方とは

ピアノはただ音を鳴らしても、人を感動させる事は出来ないです。

コンクールで受賞する場合も、例えば、すごく上手!とか、上手い!きれいな音!と言う評価をもらえる弾き方が、できる必要がありますよね。
また、曲によっては、速度が早くなったり、遅くなったりします。そういう場合にも、弾き方があります。

テレビで、天才!と騒がれているお子さんの演奏を見たりしますが、ただ音を鳴らしているわけじゃないのが、見ていてわかりますね。

表情が変わったり、手の持ち上げ方が違ったり、時には、体も揺らしながら弾いています。

あれって、別にポーズでしているわけではなくて、心を込めて正しい弾き方で弾く事によって、自然とそうなっているんです。

では、そういう風に、弾くためには、何を学べばいいのでしょうか?

ピアノを練習する事ですか・・・?

おかあさん

もちろん、練習しないと上達はありえません。ですが、それは、自立するという子育ての部分。
自分から練習するように、言葉かけには気をつけています。

ここでは、ピアノの演奏の場合。
この場合では、正しい方法で繰り返す、という事が必要になります。

正しい方法で繰り返すためには

正しい方法で繰り返すためには、正しい方法を学ぶ必要があります。

 

教室レッスンでは、たくさんの色々な曲を学びます。

中でも、沢山の曲を学ぶ事では、以下の事を身に着けさせる事を第一に活動させます。

  • 曲をしっかりと仕上げること
  • 演奏の弾き方

演奏の弾き方を主に学ばせたい時は、曲を1曲しっかりと仕上げない場合もあるのですが、それでも、どうしても扱いたい項目がある場合は、曲が途中になる場合もあります。

そういう方法で、正しい方法を伝えています。

知識の部分

知識の部分では、活動なので、知識とは直接結びつかないかもしれませんが、基本のリズム打ち歌うという活動を取り入れています。

ソルフェージュ教材 2019.9.25

リズムとソルフェージュ教材

この活動では、教本を使っています。
一番シンプルで、シリーズが数冊あるのですが、同じ本を繰り返し使えるのが気に入っています。

生徒さんも目に見えて、上達ぶりがわかるので、積極的に取り組んでくれているのが、わかります。

他にも、知識の部分はたくさんあるのですが、主にオリジナルの教材で、他の教材の不足部分を扱っています。

手作り教材

 

まとめ

ピアノはただ曲を仕上げればよいというものではなく、1曲仕上げれば完成というものでもありません。
演奏がしっかりと身について、活かせるようにならないと次に結びつかないですね。

教室レッスンでは、コンクールの参加などをしていませんが、コンクールはいくつになっても参加できます。

自分から、出よう!と思った時に、困らないだけ弾き方や(=テクニック)知識は、しっかりと身に着けてあげたいと思っています。

 

★お問い合わせ&体験レッスンお申し込みフォーム
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室 講師/中学校の先生→ピアノの先生/指導歴約20年・姶良市にて常時、約60名の生徒さんたちとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 子どもが元氣になる!ぴぴピアノ教室 , 2021 All Rights Reserved.