かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

出来てますか?基本のき。まずは、ひとつずつ目で追いながら、次に1つずつリズムを付ける。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ハノン 楽譜 NO1
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県鹿児島市【ぴぴピアノ教室】いのうえちづよです。

 

音を1つずつ目で追う。

 

譜読みの基本。

今日はこの事について書いてみようと思います。

 

譜読みはどうやってる?

 

楽譜を見ている時、どんな風に見ていますか?

ただ漠然と見てる?

右(ト音記号)だけ見てる?

左(ヘ音記号)だけ見てる?

それとも両手同時?

 

ちゃんと楽譜を見ていますよね。

大丈夫。

間違いではありません。

 

ですが、まださらに確認したい事があるんです。

 

譜読みの基本のき

さらに確認したい事は、楽譜を読もうと思ったら、まず音符1つひとつを、目で追う事。

 

楽譜って、音符の玉がとても多いので、目がちらちらしちゃいますね~。

ですが、音符を音にするためには、音を目で追うという事をしましょう。

 

ま、そやね。

ネコ太郎

そうそう。

Chizuyo

 

子どもの達のレッスンでは、音を一つ一つ指で押さえながら、音の玉を読む練習をするんです。

それだけ、特別にしないと、目で追うという作業は、なかなかに厄介な作業なんです。

 

指で押さえて出来るようになったら、指を外して音を読みます。

 

リズムうちなどをすれば、間違ったり打てなかったりするので、大体どこが間違っているかわかります。

いわゆるソルフェージュですね~。

 

リズムうちとドレミ唱で、鍵盤で音にする前の譜読みが出来るわけです。

 

 

ですが、大人の方の場合は、レッスンでは扱いません。

基本的に、曲を弾くという事が目的になる事がほとんどなので、

物を目で追うという事が出来るというという想定で進めるからです。

 

 

ですが、実際にレッスンを進めていくと、

【この生徒さん、音符の玉を目で追えているかなあ】

とちょっと疑問に思う時があります。

 

譜読みの時の順番

譜読みでは、いきなりパターン読み、塊読みに入る場合ももちろんあります。

 

そうじゃない場合は、

①まず、音の玉を1つ読む。

②その音を鍵盤で確認する。

③弾く指を確認する。

④音を鳴らす

 

これが最初、譜読みをして音を出す時の活動です。

いわゆる基本のき。

 

次は、

 

①その音の長さを確認

②長さ分を打鍵

 

リズム・音の長さを付ける。

これが、音楽にするための次のステップ。

 

この事が出来て、初めて譜読みが出来るわけです。

 

しつこいけど、これが基本のき。

これが出来るようになってはじめて、塊読みだのパターン読みだののステップに移っていけるんですね。

 

 

譜読みは、段々出来ていければ大丈夫です。

まずは、音を一つ一つ目で追いながら、何の音かを読み取るのが始まり!

 

あせらず、ゆっくりが必要ですよ~。

 

まとめ

実はこれは、初見演奏でも使える方法です。

最初は、この方法で、ゆっくりゆっくりと音を読み取りながら、同時に楽器で演奏します。

 

慣れてきたら、1つ1つの音が読めるようになったら、パターン読みやまとまり読みに挑戦してみてね。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

★ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です