ピアノの習得は一生物の財産!

自宅で練習させて欲しい事は、指作りの部分です。おすすめの声かけも書いています。

WRITER
 

===========================
ぴぴピアノ教室 代表 井上千津代

鹿児島県鹿児島市玉里団地で教室経営中。
教員6年、教室経営24年の経験を元に子どもさんのやった!できた!という気持ちを大切にレッスンしています。
=========================

⭐️レッスンの詳細はこちら↓
https://tounpipi24.com/child/

⭐️体験レッスンお申し込みフォームはこちら↓
https://tounpipi24.com/child/contact/

★教室の所在地
玉里団地3丁目40−13
(坂元中学校がすぐ側にあります)

★営業時間
平日【火曜日から金曜日】:14時から19時まで
土曜・日曜:10時から17時まで
定休日 月曜日

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室代表 // 中学校の先生→ピアノの先生 // 指導歴約23年・姶良市にて約60名の生徒さんたちとレッスン // 令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開 // 趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

鹿児島県鹿児島市ぴぴピアノ教室【子どものピアノ教室】いのうえちづよです。

うちの子って言わないと練習しないんです。向いていないんでしょうかね。

おかあさん

そう判断するのは早すぎです。
まずは、練習しなさいではなくて、自宅で繰り返して欲しい事をしてください。遊びながら出来る、指作りの部分です。

自宅で練習させて欲しい事は、指作りの部分です。おすすめの声かけも書いています。

習い始めの頃は、弾く事から始めます。

✅指先で弾く

✅鍵盤の上に乗せる時の構え方

✅指の付け根から打鍵する事

レッスン最初はこのような事を中心しています。お家で練習させたい場合はこの事をしてみてください。
ご説明しますね。

指先で弾く

指先で弾くとは、先端で弾くと言う事ではありません。

指を寝かせた状態での指の側面を全部使って弾かないと言う事です。

これはダメ↓

 

 

で、これは( `д´)b オッケー!です。↓

 

次は、鍵盤の上に乗せる時の構え方です。

鍵盤の上に乗せる時の構え方

ピアノを教える時最初に扱う音は、一点ハのの音で、まずは親指で弾きます。

一点ハの音はここです。

 

 

親指から鍵盤に乗せるようになると手を扇形にしてしまうんですね。これは困ります。

扇形の手の形

 

 

なので、中指から鍵盤の上に載せる事を最初で伝えます。こうすると手の形が崩れません。

これが正しい形です。↓

 

 

最後は、指の付け根から打鍵する事です。

指の付け根から打鍵する

鍵盤を弾く時は、手全体を下げて弾くと言うのが最初に生徒さんがしちゃうミスです。

指の構造上そうなるのかなあ。

Chizuyo

鍵盤を弾く時は、指の付け根から上下に動かして音を出します。

 

最初から大きな音は必要無いです。
大きな音を出しなさいと言うと押さえつけるように弾くようになります。

大きな音を出すには、指で打鍵する時に勢いが必要になります。

ちょっとコツが必要なので、仕組みを理解してからの練習量が必要になります。
ですから、まずは、この指の付け根から動かすと言う仕組みをしっかりと身につけさせたいです。

 

声かけの仕方

上に書いた3つのことがまず出来るようになる事が大切なので、声かけをしたい場合は、こんな風に声かけをしてください

こんな風に↓

先生がこうしなさいって言ってたよね。ちょっと、おかあさんしてみたのよ

おかあさん

どう?〇〇ちゃんもやってみない?

二人とも出来るようになっていたら、先生びっくりするわねって

おかあさん

こんな感じですよ。(^^)

 

やりなさい!やったの?さっき言ったでしょ。

 

こう言う声かけは、ちょっと困るんですよね〜。

Chizuyo

こちらでも書いていますから、お読みになって気をつけてくださいね。

 

まとめ

私も親なので、保護者様のお気持ちはものすごくわかります。でも、こういう方法はあまり良くないなあと思っています。

まずは、弾き方からレッスンしていますので、弾き方についてお声がけをしてください。

これだと私も助かります。

ありがとうございます。

Chizuyo

保護者様も楽しんでくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴピアノ教室代表 // 中学校の先生→ピアノの先生 // 指導歴約23年・姶良市にて約60名の生徒さんたちとレッスン // 令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開 // 趣味は手作り教材づくり
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ教室 , 2024 All Rights Reserved.