演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏

他のジャンルの曲を弾くとタッチが荒れるんじゃなくて、いろいろな奏法が出来るようになります

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

クラシックの練習をするためには、他のジャンルの曲を弾かないほうがいいんですか?タッチが荒れるって聞いたんですけど・・?

さくらさん

 

他のジャンルの曲を弾くとタッチが荒れるんじゃなくて、いろいろな奏法が出来るようになります。

これ、どういうことかなって考えてみたんですけど、例えば、クラシックの練習をしている人が、J-popの練習をしたりすると、弾き方が悪くなる・・・

ということだと思うのです。

弾き方って?

はなちゃん

例えば、フレーズで区切って弾く場合、その部分がなめらかになるように弾く、という事が必要になりますが、それが、ブツブツ途切れちゃうよってことです。

なんで、そうなるの?

はなちゃん

童謡などの歌詞がついている曲というのは、フレーズを大切にして弾くというのが基本ですが、J-popなどの曲って、歌詞の区切りが変わってきたりすることで、音楽に変化が出て、面白くなったりすることがあるんです。

そんなイントネーションの曲ってあるかな・・?という場合ですよね。

でもでも、それが、クラシックの弾き方と比べると、ちょっと違うよね〜って場合があるんですね。

他にも、ジャズは専門ではありませんが、ジャズ曲の弾き方は、あまりペダルを多用しないんです。
というより、殆ど使わないんじゃないかなあ・・。

ジャズ専門の方のブログで、拝見しました。

で、例えば、8分音符をつなげて弾くのではなくて、切り気味に演奏する、という方法が多用されるようです。
これ、バッハの曲にも似たようなのがでてきますね。

バッハって、ジャズなの?

はなちゃん

バッハは、ジャズでは無いんだけど、あの頃の楽器が、パイプオルガンだから、その楽器の特徴を生かした曲になっているということだと思う。アレンジして弾かれる場合が多いのは、そういう弾き方からきているのもあるかもね。

Chizuyo

 

なので、結論として、弾き方が荒れてしまう・・と心配になる方はいるんですね。

どうしたらいいの?

はなちゃん

いろんな奏法を覚える、と捉えるといいと思います。

いろんな奏法を覚える

クラシックじゃないのに、クラシックの弾き方を頑固に続けるのではなくて、他のジャンル・曲の弾き方を覚えるという風に考えると、いろんな弾き方を覚えることになるから、いい結果になるし、テクニックの勉強にもなると考えています。

少し、例を上げると、例えば、サンサーンスの白鳥を演奏しようと思ったら、
(サンサーンス作曲のこの白鳥は、もともと室内楽用に演奏されたもの。今は、チェロの独奏用として有名です。
サンサーンス作曲、白鳥『Yo-Yo Ma』さんの演奏です。
チェロと言えば、この方も大変有名です。
すこ~し、録音が残念ですが、チェロ、素晴らしい!


で、この弦楽器での響きの幅ピアノで弾き表す時には、『白鳥』の持つイメージから、音をなるべく切らないように演奏します。
優雅に白鳥がすべるように、水面を移動して行く感じです。

次は、ルロイ・アンダーソン作曲のシンコペーティッドクロック
その名の通り、時計を表したものです。
小・中学校では、シンコペーションのリズムを勉強する時に出て来ます。
(昔、イオンのクリーンタイムでかかっていたらしい・・ですね)


この曲を演奏するとしたら、
時計弾き表さなきゃならないですから、もし、楽譜にスタッカートが付いていなくても少し短く演奏したいです。
そんな時は、その本来の音符の長さよりも、少し早目に鍵盤から指を上げると時計の感じが表せますよね。
この曲に寄っての弾き方、2曲の弾き方を逆にしたらどうでしょう。

それは、もう白鳥じゃないし、時計でもないですね。
白鳥を弾かなきゃならないのに、時計で弾いちゃう事です。
ご自分が臨機応変に対処できる場合は、いろんな曲をお弾きになってみる事だと思います。
もし、くせがなかなか取れないかもと思ったら、次の目標にしてみるのもいいですね。

まとめ

何事もやって見なくては、分からない事ばっかりです。
世の中には、『悪いことはしてはダメ』とやらなくても分かる事もありますが、こと、ピアノに関しては、やらないと解らない事ばかり。
納得がいかなければ、やってみて下さい。
次にどうすればいいか見えて来ます。
そしたら、次に進めますよ。

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2015 All Rights Reserved.