演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏

曲の仕上げの段階にはいったら、楽譜の読み方のタイミングに注意しましょう。

WRITER
 
hand_clap
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

<ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

楽譜の読み方って、タイミングが有るんですか?私、段々と遅くなっていくんです。

さくらさん

今日はこういうお悩みにお答えしてみますね。

曲の仕上げの段階にはいったら、楽譜の読み方のタイミングに注意しましょう。

ピアノを弾く時、音を出す瞬間に、音を出すための動きに入っていると、音が鳴った時って、既に、1拍目が過ぎちゃっていたりします。

どういうことですか?

さくらさん

例えば、手拍子をする時、手を開いて準備する時間が有るでしょう?
手を開いたまま、一瞬だけでも止まっている時間が有るということです。

これって、つまりは、その動きをするためには、その前から動き出さないといけないということですよね。

ピアノを弾く時も全く一緒で、打鍵するためには、その前から動き出さないといけないです。
そうじゃないとそこに少しのズレが生じるんですね。

ずれ・・?

はなちゃん

そうそう、ズレです。

Chizuyo

このズレが、チリも積もって、で、少しづつ音楽がズレていって、遅くなるんです。

こういう演奏って、聴いていても、なんか重い感じがするってなりますよね。

どうすりゃいいですかね?

しゅうさん

・おすすめの方法

  1. 音を目で追う時に、1個ではなくて、数個のまとまりで読む
  2. 読み取ったら、演奏しながら、次の音のまとまりに目を移す
  3. このようにどんどん、目を音符から動かしていく

 

音を目で追う時に、1個ではなくて、数個のまとまりで読む

音を1個ずつ目で追っていたら、演奏がたどたどしい感じになります。

1個読む→1個弾く→1個読む→1個弾く

となるから。

なので、まとまって読みましょう。

まとまって読むと、指もまとめて動くので、結果、たどたどしい感じではなくて、流れるように演奏できます

聴いている方も、いいわあ・・となりますよ。

読み取ったら、演奏しながら、次の音のまとまりに目を移す

次は、音を読み取って演奏した瞬間に、次の音のまとまりに目を移動させておく、です。

フレーズでもいいです。

 

フレーズについての記事はこちら↓

 

演奏している時は、次のまとまりを読みます。
コツとしては、音のまとまりを、画像として捉えるといいです。

むずかしい〜・

はなちゃん

譜読みはもう既に終わっているから、音としては頭に入っているので、後は、画像として確認しましょうです。

ピアノ譜の読み方としては、一般的なので、出来るようになるといいですよ。

 

 

このようにどんどん、目を音符から動かしていく

  1. まとまりを読み取り、演奏。
  2. 演奏しながら、次の音のまとまりを読む
  3. そしてまた、演奏しながら、次の音のまとまりを読む

という方法が、あげられます。

この方法で私も読んでいます。

生徒さん達も、この方法ができるようになると、音楽が、流れていって、かつ遅くならなくて、リズムに乗れて演奏できています。

コツとしては、フライング気味に動くといいよ、という感じでしょうか。

やりすぎちゃうと、慌てたように聴こえるので、そこは注意が必要です。

 

まとめ

楽譜の読み方のタイミングのお話でした。

譜読みが終わって、曲の仕上げの段階にはいったら、楽譜の読み方に気をつけましょう。

読み方のタイミング次第で、音楽が流れるように演奏できます。

試してみてね。

1歩上行く演奏ですよ。

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2015 All Rights Reserved.