かごしま市たまざと団地  自分から楽しく練習出来る。音楽好きが育ちます!

当教室へご在籍頂いた生徒さん達・保護者様の声を更新しました。

その言葉、要注意です!やる気を削ぐ言葉の選び方。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
生徒さんのレッスンの様子
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『こどものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

小さいお子さんには、【難しい】という感情は、わからない場合があります。

なんとなく上手くいかない

とか

やり方がわからない

とか

苦手な気がする

などという気持ちは、あると思いますね。

 

教えているのは大人の方

 

実は、難しいという事を教えているのは、大人の方なんですね。

『難しいかな』
『できないかな』

ただ、たまたまその時はできないだけなのに、

『難しいよね。』
『出来ないね。』

という声掛けをしていると

これは、

【難しいんだ】
【出来ないんだ】

という事を学んでしまう。

大人は、思いやっているつもりなんですよね。

でも、そうではなくて、自分であーでもない、こーでもないと工夫している時は、ほっておいていいです。

 

頼ってきたら、一緒に考えてあげてください。

【どうしたらいいかね。】
【こんなのはどうかね。】

完璧な答えを出さなくてもいいです。

 

共感して、一緒に考えるだけでいい。

 

自分が完璧を目指すと子どもにも完璧を求めてしまう。

その結果、間違う事が悪になってしまいますから、お互いに責め立てて
【あーもう!】になっちゃう。

私もいっしょです。(^^;)

でも、子育ては、楽しむものと思ってからは、気が楽になりましたよ。

自分もたくさん間違って、間違った時に【責める】という事を教えず、

一緒に考えてあげるという事を教えてください。

 

責める事をお家で教えると他に逃げ場が無くなるから、

外でも、責めるしかなくなってしまいますよね。

 

そんな事にならない様にお家では、安心感と思いやりとやさしさを教えてくださいね。

 

ピアノの練習での利用法

ピアノの練習でも一緒です。

 

ちょっと練習で困っていても、【難しいねえ】と言わないほうがいいんです。

これは、私も ちょっと気をつけていないとやってしまう時があります。

でも、絶対に言わないほうがいいと思っています。

 

難しいと言わずに、こうしたらどうかな、こうしたらどうかなという言葉をかける方が、次に進んでいけますね。

こうしなさい!はよくないですが、こんな方法はどうかな?というのがいいと思います。

諦めずに、他の道を探すことが出来るからです。

 

どうぞ、諦めずに頑張るという事を教えてあげてくださいね。

 

まとめ

大人の言葉掛けが、苦手意識を出してしまうこともあります。

そんな事にならないように気をつけてあげてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『こどものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴピアノ【こどもの教室】鹿児島 , 2018 All Rights Reserved.