楽譜の難易度が分からない場合~歌詞付きの曲の場合を考えてみました~

この記事は1分で読めます

04da5001ad17acdd24baa44b9e0a1ad5_s

04da5001ad17acdd24baa44b9e0a1ad5_s

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ジュゲムブログで投稿していた
初心者の方向け、
『ピアノの弾き方ブログ』
をこちらに移すと決めてから
すったもんだしています。

まだまだ、整備途中ですが、
綺麗にしてお見せできるように
頑張っていますので、
もう少しお時間くださいませ。

 

さて、
楽譜を選ぶ場合に
まず考えるのは
その楽譜が自分で弾けるかしら…
という事だと思います。

言葉数の多い歌詞が付いている場合

楽譜の難易度が分からない場合、
歌詞が付いている曲の場合に限り、

基本的に言葉数が多いと
音符の数も多くなります。

それで、
難易度が上がってくると思われます。

 

言葉のリズムが複雑な場合

 

同じ音がたくさん続く時、
例えばこんな楽譜の場合は
まだ良いのですが、

IMG_2361
音が飛んだり高くなったり低くなったり
する事があると
指も鍵盤上で動きますので、

IMG_2360

指使いなどがかかわって来ますから
少し難易度が上がるかもしれません。

最後に、左手の編曲を考えます。

歌詞付きの楽譜の場合は、
・曲のメロディがゆっくりなもの
・歌詞の少ないもの
が比較的に簡単だと思います。

 

それに加えて、
・左手の伴奏の部分の数が少ないもの
・場所移動があまりないもの

を考えると弾きやすいのではないかと思います。

IMG_2359

同じ曲でも、
左手の伴奏の部分の編曲の仕方によって
弾き方が変わったりするので、

まずは、
・難易度の低いもの
・つぎに中くらいのもの
・最後に高いもの

と移っていっても良いかもしれません。

楽譜を選ぶ場合のご参考になさってね。

欲しい楽譜を1曲から簡単購入!「ぷりんと楽譜」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_2366
  2. IMG_2262
  3. cat-1248010_640
  4. IMG_2290
  5. musicpaper03

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chizyon6392/tounpipi24.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 2019.2.16
  2. tenokatachi-3 ◎✖付き
  3. 2019.2.12

Twitter

Facebookページ