かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

3度の和音を押さえられますか?モーツァルトの曲で解説してみます。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
モーツァルトの楽譜 抜粋
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

SNSを賑わしていたモーツァルトのチョコを買いそびれました~。
未だ、あるかなあ(;_;)

モーツァルトは、三代ソナタなどと言う素晴らしいタイトル曲をお持ちですが、
生徒さんには、この曲をお聴かせしても反応は鈍く、こっちの方が反応がいいです。

モーツァルト楽譜

モーツァルト/6つのウィーン ソナチネ 第1番 第4楽章

昔、某テレビ番組のBGMで鳴っていました。

お料理番組でしたよね。

 

いや・・・

 

お料理番組ではなくて、お料理をするシーンで鳴っていたんでした。

 

3度の和音がたくさん出て来る曲です。

今日はこの3度を、ちょっと解説してみますね。

 

3度というのは、楽譜を触ってみると・・・

あらあ~つめたーい

さくらさん

という事ではなくて、音の幅の事です。

Chizuyo

 

音楽でも、音の幅というものがあって、で表します。

 

3度の幅を持つ和音

この3度の幅を持つ和音、響きが安定していて心地よいです。

たくさんのクラシック曲に使われています。

あまり耳にしたことがない曲ではなくて、【ソナチネ】とか【ブルグミュラー】等々。

 

そして、生徒さんが苦手な和音でもあります。(^^;)

 

そうなの・・?

ネコ太郎

 

2の指と4の指を使う事が多いからです。
ちょっと苦手な指ですよね。

私もそうです。

4の指を使うと痛みが来るので、いかに力を入れずに弱い力で、しっかりと音を響かせて打鍵するかって事ばかり考えていますから。

 

この2つの指を使って、2つの音を押さえられます?

押さえづらいですよね。

 

じゃ~ん、ここでコツの登場です。

コツというか、基礎の部分ですね。

 

普段から打鍵の時ってどうしていますか?

いつもしつこく書いていますが、

力の向きがてのひらの方へ向かっている方は、この和音になるともっと押さえにくい

と思います。

 

 

 

力は、基本的に指先へ向けます。

この弾き方だと普段から、鍵盤を押さえやすいはずですし、和音になってもちゃんと打鍵できるはず。

 

弾きにくいなあ・・・

腕が痛いなあ・・・

と感じておられる方は、力の向きを見直してみてね。

 

まとめ

今日は、よく使われているクラシック曲から和音の弾き方について考えてみました。

1つの音=単音だけの響きもいいけど、2つ以上の音=和音は、音が重なるので、とても素敵な響きになります。

和音は、力の向きを考えるだけで、押さえやすくなります。

力の向きを考えると、得意分野に代わること間違いなし。

苦手意識がついちゃう前に、見直してみてくださいね。

 

classicも、宣伝やアニメの中でも使われたりしていて耳にする機会が多く、とても良い事だと思っています。

 

今日も、お読みくださってありがとうございました!

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら