昨日の大人の方のピアノレッスンから、気になったことを上げてみました。

この記事は1分で読めます

IMG_1947

 

和音ってありますよね。

和音とは、
二つ以上の音の重なりです。

和音がたくさん出てくる曲を演奏されている生徒さんがいて
和音は
音を読んで(=譜読み)
どの指を使うかはめてみて(=指遣い)
リズムを読んで(=音の長さを読み取る)
という事をしないといけないんですけど

ちょっと弾きやすくするために
ここに注意という事があります。

和音は、ここに注意!

ご自分の手をご覧になってください。
指が五本ありますね。

その5本の指って
全部同じ長さじゃないです。

そして、
長さも一人一人違う。

この違う指で、
全ての和音を押さえる時、

手の傾きに注意してみてください。

鍵盤を押さえる前に
押さえたつもりの手の傾きを見てみると

少し左に曲がっていたり

IMG_1946

右に曲がっていたりすることにお気づきでしょうか?

IMG_1947

和音を押さえる時は、
中指真っすぐな横一直線上には
指は並ばないという事ですよね。

なので、
押さえる時に、
その方向へ手自体を傾けて移動すると
和音を捕まえ安いです。

これは譜読み(何の音かを読み取る事)
が出来てから、何回も繰り返す時に
考えて見られるといいと思います。

ちょっとした事なのですが、
演奏のしやすさが変わってきます。

音と音の間や
小節と小節の間がつながらない方、
試してみられてくださいね~(*^^*icon-music

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 手のひら-2
  2. 402201
  3. IMG_3335

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chizyon6392/tounpipi24.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. 2019.2.16
  2. tenokatachi-3 ◎✖付き
  3. 2019.2.12

Twitter

Facebookページ