演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏/一曲のみレッスン

【メトロノーム】使い方を解説します!便利だけどこの事には注意してね。

WRITER
 
メトロノーム
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴ オンラインピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】、いのうえちづよです。

メトロノーム、ご存知ですか?

ピアノの練習をする時に、曲の速さを合わせるものです。

いろいろなメトロノームがあります。

子どもの頃は、振り子式のメトロノームが我が家にありました。
こんなの↓

教室には、中学校の教師時代に吹奏楽部の教え子たちがプレゼントしてくれたメトロノームがあります。( *´艸`)とってもとっても宝物です!

レッスンでは、スマホぐらいの大きさの電子のメトロノームを使っています。コレ↓

メトロノーム

メトロノーム

教室では、メトロノームに合わせるのは、やむを得ず、速度を理解してもらいたい時だけにしています。
その時も、1回使ったら、やめています。

今日は、苦痛にならないメトロノームの使い方について書いてみますね。

【メトロノーム】使い方を解説します!便利だけどこの事には注意してね。

 メトロノームを使う時に、苦痛にならないようにするために、気をつけて欲しい点を書きますね。

メトロノームは、

・曲の速さを上げたり下げたりするための速さを確認するため

・一定の速さのまま演奏する目安に、するため

などの目的で使って下さい。

順番に説明します。

曲の速さを上げたり下げたりするための速さを確認するため

曲には、その曲に適した速度というものがあります。

また、ご自分で練習していて、もう少し早くしたいなという時などにも、メトロノームを使う事があると思います。

そういう時には、メトロノームを使って、速さの確認ができますね。

一定の速さのまま演奏する目安に、するため

次は、ハノンなどのテクニックの練習をする時、同じ速度で繰り返す練習の場合です。

こういう場合は、しっかりと速さを決めて、繰り返す事で、指がよく回るようになります。

また、弾ける部分と苦手な部分の速さを統一する為に使うのは、メトロームは、おすすめできる方法だと思います。

以上の場合で、メトロノームを使うと良いと思います。

それ以外では、どうなの?って事ですが、曲の仕上げの段階では、あまりメトロノームの仕様はおすすめできないです。

曲の仕上げの段階では、メトロノームは使わないほうが良い

なぜなら、音楽には、もともとゆらぎなるものが合って、感情に合わせて、少し早くなったり、曲の最後や途中でも、少しテンポを落として演奏する場合があるからです。

楽譜にも、rit やaccelerando等の記号が書いてあったりする場合では、メトロノームがあるとその演奏ができないですからね。

メトロノームに合わせて、ずっと弾くと、せっかく音楽として表現ができるはずの、曲のゆらぎが、生かされなくなりますよね。
これは、メトロノームを使う意味がないかも。

メトロノームを使っても速さが変えられない場合

もし、メトロノームを使っていても、なかなか速さを変えられない場合、メトロノームの使い方を少し変えてみましょう。

まず、速さを上げたり下げたりする目的で使うためには、メトロノームに合わせて曲の演奏をする前に、手拍子をして見るのをおすすめしたいです。

子どもの生徒さんにもつかっている、この方法はとってもいい方法なんです。

大人の方も、速度を上げたい時は、速い速度で手を叩く、遅くしたい時は、少し遅くした速さで手を叩く、などをしてみて下さい。

速さを頭で、理解。

更に、体で理解

します。

これは、メトロノームを使う前に、速さの間隔・拍の間隔】をつかむためです。

少し手間ですが、こうすると、メトロノームを使った、速度の上げ下げが、しやすくなると思います。

 

次に種類別に、メトロノームのご紹介です。

振り子式のメトロノーム

振り子式のメトロノームは、ねじ式になっています。

使っていると巻いたねじが終わってしまって動かなくなるので、都度しこしこと巻いて使います。

電気はいらないんです。
経済的です。

このメトロノームを使う時は、振り子が付いているので、目で合わせたくなりますね。

ところが、この目で合わせるという方法、意外と難しいんです。

振り子が左右に動きますが、どこで音が鳴っているかお判りでしょうか?

このオレンジの丸の部分、振り子の折り返し地点で音が鳴っているんですね。

これがしっかりとわかっていないと【振り子のどの部分で合わせるんですか?】という事になってしまうんです。

レッスンでもこのご質問をよく受けます。

なので、このメトロノームの使い方は、

【音で合わせる】

事をおすすめします。

電子式のメトロノーム

次は、電気を使ったメトロノーム。

電気のメトロノームは、当たり前ですが、電池で動きます。

今は、充電式のものもあるようです。振り子はついておらず、音だけが出ます。

物によっては、画面の中で振り子が動くものがあったりするようです。

他にもいろいろな機能が付いたものがあります。

 

【調律用の音が鳴る】

ピアノの場合は、調律師の方が、調弦してくださるので、必要ないですが、金管楽器の楽器のトーン合わせや、ギターの調弦に使える便利な機能ですね。

【速さを変えるところがメモリ式】

速さは、数字に合わせるものが多いですが、つまみ式のものや目盛りに合わせるものがあったりします。

【画面に数字が出る液晶のもの】

合わせた速度の数字が、液晶画面に、書き出されるものです。

このタイプのメトロノームは、持ち運びがしやすいです。

鞄に【ぽい!】と入れて持っていけます。

このメトロノームも、耳で合わせるのが基本です。

 

今日のレッスン

メトロノームは確かに便利な機械です。

その曲にふさわしい早さが、すぐにわかりますよね。

ところが、使い方を間違うと、すごく苦痛な練習方法を強いる機械になってしまいます。
せっかく頑張っているのにこれでは残念。

ご自分の演奏の目的に合わせて、メトロノームを使ってみてくださいね。

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

大人のピアノ初心者さんへお役立ち!無料メルマガ

ご登録の方へ
無料PDFをプレゼント

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴオンラインピアノ教室 , 2019 All Rights Reserved.