ぴぴピアノ教室

保育士さんに役立つ練習方法のご紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人の初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

保育士の方は、月ごとに、子どもたちと歌う歌が、決まっていますよね。
幼稚園ごとにも違うし、季節によっても変わっていきますね。

教室に通ってこられる保育士さんや幼稚園教諭の先生などは、忙しい中で、練習方法がわからず、ご苦労されている方が多かったです。

日頃の活動に役立つ練習方法を知りたいという方へ今日は、書いてみます。

保育士さんに役立つ練習方法のご紹介

楽譜に書いてある音を読み取ることを譜読みといいますが、この譜読みが苦手な方もいらっしゃいますね。

そこで、音を読み取ることとは別に、別の方法で、音を読み取る方法をご紹介します。

演奏は和音記号で

使っている楽譜に和音記号が書いてあったら、迷わずそれをおすすめします。
和音記号とは、コード記号と呼ばれるものです。

下の画像の赤色の矢印の部分がコード記号です。↓

コード記号の画像

コード記号の画像

和音(=コード)記号とは、和音を記号で表してあるものです。

この記号毎に、中身の音が決まっているんです。それにリズムを付けて演奏すれば、ちゃんとピアノの演奏になるんですよ。

シャープやフラットが付いていない、ハ長調と言われる調で出来ている曲にまず取り組んでみてはいかがでしょう。

基本の三和音と言われている、C・F・Gの和音記号と中身の音を覚えればいいです。

幼稚園で歌うような童謡などの曲は、

  • シャープが3つぐらいまでの調で作られている
  • フラットが3つぐらいまでの調で作られている

が、多いので、すこしずつ覚えていければいいと思います。

この場合も、和音記号と中身の音だけで大丈夫です。

 

こちらの記事に詳しく書いています。↓
よろしかったら、お読みくださいね。

 

和音記号がついていない場合

正直な所、楽譜を購入される時に、和音記号がついたものをご購入されることをおすすめします。

その方が断然楽です!

 

和音記号がついていない時は、方法が2つあります。

  1. 右手でメロディを弾きつつ、左手の音を楽譜通り弾く
  2. 右手でメロディを弾きつつ、左手をちょっと簡単にして弾く

今回は、②の方法をご説明しますね。

右手でメロディを弾きつつ、左手をちょっと簡単にして弾く

左手の音というのは、右手の音とのきれいなハモリを考えて作られています。

右手がドだったら、ミだったり、ソだったり、基本は、ドの音の響きを崩さないような音で出来ています。

 

以下の楽譜を例に説明しますね。

この楽譜、ある童謡の一部です。↑

左手で弾くのは、一番下のヘ音記号の段ですね。そして、和音記号はありません。

この楽譜の中の音を、少し簡単にして弾くという方法です。

①まずは、小節の中の1拍目に書いてある音だけ弾いてみる

最初の音=ファを小節いっぱいに伸ばす弾き方です。全音符=4拍にします。

他の音は弾きません。

次は、1拍目と3拍目の音を伸ばす弾き方です。

小節の中の拍を、半分づつ演奏するので、2拍づつの2分音符として弾きます。

 

さらに、音を増やして、4分音符として弾きます。

楽譜に書いてある音を、全て譜読みをする時間がない。ヘ音記号は苦手だ。

という場合には、こういう方法がおすすめです。

まとめ

楽譜がきちんとあるなら、そのとおりに弾くのが、当たり前とおっしゃる方もいると思います。

ですが、どうしても譜読みが辛い・・という場合は、こんな方法もあるので、ぜひ、お試し下さい。

これで、少し、ピアノを弾く事の抵抗が減らせればいいなあと思います。

今日もお読みくださってありがとうございました

]

大人のピアノ初心者さんの
ピアノ練習を
応援する
無料メルマガ

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。