かんたんコード弾き//対面//オンライン//演奏フォームも大切!

曲を仕上げるための1歩進んだ練習の方法。一つの音に真剣に取り組む。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

あたし、譜読みが意外と出来る方で、譜読みが出来たら、すぐ曲が仕上がるから、弾いているうちに飽きちゃうんですよね〜。

さくらさん

譜読みが出来たら、曲が仕上がるというのは、勘違いです。

今日はこのことです。

 

曲を仕上げるための1歩進んだ練習の方法

曲の練習は、部分練習をして、本番前は、止まらないための通し練習をする、というのが一般的です。

 

これは、基礎中の基礎の練習。

これは、もう当たり前のことです。

この事が出来るようになったら、曲を仕上げるための1歩進んだ練習をしましょう。

これは、噛めば噛むほどに、味が出るという練習方法です。

Chizuyo

曲を仕上げるための1歩進んだ練習とは

弾いている曲をどんな風に弾きたいですか?
素敵に弾きたいですよね。

このためには、例えば、

  • 曲の背景
  • 作曲家の意図
  • タイトルが意味する所

などなどを考えられればいいです。

曲を仕上げる時は、こういう事を考えて弾くといいんです。

  • 曲の背景

曲の背景と言うと、例えば、バッハの初期の頃は、ピアノで演奏ではなく、教会のパイプオルガンが主流でした。

パイプオルガンは、ピアノと違って、音が途切れず鳴り響くんです。
なので、バッハ・インベンションなどの演奏の仕方は、スタッカートがついていなくても、少し切るように演奏しますよね。

こういうことです。

  • 作曲家の意図
  • タイトルが意味する所

これはもう、そのものズバリですよね。
マズルカやワルツなどのタイトルや、ブルグミューラーなどの曲のタイトルを活かして想像しながら弾きます。

マズルカって舞曲なんですよ。こういう事を調べると、曲への理解が深まります。

 

演奏に全集中する

更に、このようなことが出来るようになるためには、音1個の打鍵に命をかけます。

ええ〜?!

はなちゃん

音ってね、打鍵して音が出た瞬間には、もう全てが決まっていて、訂正が効かないでしょう?だから、音を出す前から、全てのことに全集中する必要が有るのよね。

Chizuyo

手の構えだったり、体の傾き加減や、ペダルに足乗せの位置とか、指遣いとか、こういう事をけん盤を打鍵する前から考える必要があります。

ええ〜!、むずかしい〜。

はなちゃん

そうそう。なので、普段は、そこまで集中しなくてもいいですが、いざ、仕上げる!と思ったら、そこまで、集中して下さい。

これが、曲を仕上げるための練習です。

ほしい音・音色1個を大切に大切に、演奏しますよ。

同じ音、例えば、そこにファの音があったとしたら、その音を納得行くまで、何回も何回も打鍵してみます。
そういう練習です。

 

教室レッスンでは、1小節の音を集中して練習してきて下さい。
今週は、それ以外の所は、練習しなくてもいいです

とお伝えすることもあります。

それぐらい、その1・2個の音を大切に大切に練習して頂きたいんです。

 

プロのピアニストの方たちは、そういう事をいちいち考えているの?

はなちゃん

それはないと思う。もう既に、自分なりの、欲しい音の打鍵の方法を、持っているから。無意識レベルだと思う。

Chizuyo

その段階に来ても、ピアニストの方たちは、練習されるんですよね。
練習してなんぼですね。

教室に通う意義

自分でこういうことに到達できない方は、レッスンに通って、そこの所教えてもらっているはずです。

お習いの先生は、こういう事を考えて、あなたの表現を導いているはず。
もし、なかなか合格できないとしたら、そういうわけがあります。

これが、自分から出来るようになったら、合格までに時間はかからないだろうし、だんだん弾いていくことで、表現ができるようになるから、練習が楽しくなるはず。

飽きるということは、到達目標が、そこまで行っていないんだと思います。

ピアノは、表現。自分から表現します。

だんだんでいいので、自分で出来るように頑張って下さい。

噛めば噛むほど味の出る、練習ですよ。

まとめ

ピアノは、奥が深いですよね。

譜読みが出来て、音にできれば満足な場合は、レッスンに通う必要は無いですね。

その曲が、本当に真剣に弾けるようになりたい。
自分なりに表現できるように教えてもらいたい場合は、レッスンに通うといいと思います。

素敵な演奏をお聴かせ下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2021 All Rights Reserved.