大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

コードを使って、3拍子・4拍子にアレンジする

Chizuyo Inoue
WRITER
 
3秒子の楽譜
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
ピアノの先生。指導歴20年・譜読みの苦手な保育士さんや幼稚園の先生向けコード奏のレッスン・教室理念は【生きる力を育むレッスン】・趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です!
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

曲の伴奏をする時は、旋律を弾かなくても、左手で、和音の一番下の音(根音またはベース音)を弾いて、右手で和音を弾くだけで立派な伴奏になります。
・・・と、以前ブログで書きました。

3秒子のアレンジ方法

さて、今日は、ちょっと進化させましょう!

コードを使って、3秒子・4秒子にアレンジできる記事を書いています
こちら↓

 

動画はこちら↓

 

3拍子の伴奏をする時も3つの音でできている和音を使って、1つずつ、バラバラに演奏する事で、伴奏ができます。

例えば、Cコードの『ド・ミ・ソ』の和音の場合、
このまま、音3つを『ド・ミ・ソ』と演奏すれば、3拍子の伴奏になります。

3秒子の楽譜

3秒子の楽譜

さて、4拍子の場合はどうでしょう。
音は3つなので、どれか2回弾いて、3つの音を4つにしちゃいましょう。
Cコードの『ド・ミ・ソ』の『ミ』の音を2回弾きます。

4秒子の楽譜

4秒子の楽譜

『ド・ミ・ソ・ミ』
ほら、4つになって4拍子に対応しました。

Fコードの時も『ファ・ラ・ド』の『ド』の音を2回演奏して
『ファ・ド・ラ・ド』で、4拍子ですね。

順番にとらわれなくても大丈美です。
曲に合わせて、並びを考えてみてくださいね。

FコードやGコードの場合は、転回形で弾かれる場合も多いので、Fコード『ド・ラ・ファ・ラ』でもいいですよ。

この方法だと、気軽に伴奏が弾けますね。試してみて下さい。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
ピアノの先生。指導歴20年・譜読みの苦手な保育士さんや幼稚園の先生向けコード奏のレッスン・教室理念は【生きる力を育むレッスン】・趣味は手作り教材作成・YouTubeにてコード奏について動画配信中です!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2014 All Rights Reserved.