かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

ピアノ練習のコツ!テンポを上げるためのオススメの4つの方法。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、Twitterのフォロワーさんにナイスなブログネタをもらったので早速記事にしちゃいました。

フォロワーさんありがとう!

 

曲のテンポを上げるには、

・速さに慣れる

・暗譜をする

・メトロノームを使う

・模範となる人の演奏に合わせて弾く

という方法があるんです。

 

速さに慣れる

ちょっと考えてみてください。

もし、あなたが動き出している電車に飛び乗ろうとする時、その電車と同じ速さで走って速さを合わせてから飛び乗ろうとしますよね?

じゃないと、電車に追いつかないし、追いついたとしても引きずられますよね。

もちろん、電車には、飛び乗っちゃだめですよ。

 

ピアノのテンポを上げる時は、目標とする速さに、まず慣れる事が必要。

例えば、80表記の速さを120にあげる場合は、その120の速さが頭に入っていないと演奏が引きずられるようになります。

打鍵も間に合わないので、曲自体の演奏が出来ません。

 

なので、手拍子をしたり、歌ったりして、80で弾いていたものを120で弾く感覚をつかんでください。

これが、速さに慣れるという事です。

速さに慣れてから、この場合は、120で弾いてみましょう。

 

次は、【暗譜をする】です。

 

暗譜をする

曲の演奏は、初見奏で弾く場合は、最初っからその速さで弾くのは、やはり無理があります。

何故かというと楽譜も見ないといけないからです。

楽譜を見つつ、手も見つつ、という事になりますよね。

なので、少し遅めに演奏する事になります。

 

それに、手元を見ながら、楽譜を見ながらでは、テンポを上げるのは難しいです。

顔が、前を向いたり下を向いたりという余計な動きが加わるので、ここでも遅くなるからです。

なので、テンポを上げる時は、ある程度の曲の仕上がり暗譜が欠かせません。

 

暗譜をしてしまえば、楽譜から離れる事が出来るので、速さを上げやすいという利点があります。

 

メトロノームを使う

皆さん、普段からメトロノームをお使いの方が多いので、メトロノームを使う事は、一番やりやすい方法かもしれません。

 

この場合は、少しづつ、ゆっくりと、単純に上げていきます。

5メモリぐらいづつかな。

 

この方法だと、最後は、目標の速度になってくると思います。

地道に、コツコツ頑張ってみてね。

 

模範とする人の演奏に合わせて弾く

この方法は、自分の目標とする速さの人の録音演奏に、合わせて弾く、というものです。

生ならますますいいです。

その、息遣いや感覚のつかみ方が、手に取るようにわかるからです。

でも、録音でもいいと思います。

 

合わせて弾きながら、早いテンポの感覚をつかみましょう。

 

おススメの方法

実は、私は、上記の方法を使っていません。(^^;)

メトロノームもとっても苦手なのです。

 

そこで、手を叩いたり、歌ったりして、上げたい速度の確認が出来たら、その速さでいきなり弾きだします。

最初は、音が弾けないし、打鍵も間に合わないかもしれません。

でも、構わないです、

 

ここでの注意点は、拍に気を付ける事です。

拍に気を付けるとは、1小節目の1拍目に来る音が、必ずその時に指がその音に触っているようにする事です。

最初は、打鍵は間に合わなくてもいいです。

ですが、必ず、指は、その音の場所についているように、追いついているようにしてください。

 

テンポ自体も揺れないように気を付けます。

正確なリズムで、正確な拍で、指や手を動かしていくんです。

 

これが出来ていくと、段々と打鍵できるようになって、音楽が奏でられるようになります。

 

一つの方法としてお勧めです。

 

 

まとめ

速さを上げるのは、やみくもに練習しても上手く行きません。

ここにあげた方法が絶対に正解でもないです。

この方法を試してみて、自分に合えばいいし、自分なりに組み合わせる事で、自分に合った方法が見つかると思います。

そして、気持ちもしっかりと音楽に乗せましょう。

体を真っすぐにして走っていく感覚ではなくて、やや前のめりになるぐらいのイメージで演奏しましょう。

 

引きずられて演奏するのではなくて、引っ張って先を走るぐらいの気持ちで演奏です。

ぜひ、お試しくださいね~。

 

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

★ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です