かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

ヘ音記号の譜読みが苦手な人必見!譜読みをしなくても両手奏が出来るコードのつけ方

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

 

まず、ハ長調で出来ている童謡は、基本、ドミソ、ドファラ、シレソで和音がつけられますよ。

それ以外の和音は、仕組みを使って付けましょう

Chizuyo

 

という事について書いてみますね。

 

メロディから和音を付ける

【ふるさと】を使って和音(コード)を付ける方法を書いてみますね。

 

基本三和音

和音というのは、【2つ以上の音が重なったもの】です。

そして、その調の音階

ハ長調の場合は、ドレミファソラシド

 

 

の1番目の音、4番目の音、5番目のそれぞれの音の上に重ねられた和音を基本三和音と言います。

 

コードで言うと、この和音はそれぞれCコード【Ⅰ】、Fコード【Ⅳ】、Gコード【Ⅴ】と言うんですね。

このコードを使って、童謡ふるさとに伴奏を付けてみましょう。

 

和音をつける

さて、【ふるさと】の中から、まずは最初の1小節目。

これに、和音をつけてみます。

 

 

最初の音は、ドの音ですよね。

次に、先ほどの和音の音を思い出してください。

 

 

 

が含まれている和音は何の和音ですか?

Ⅰ(1)の和音とⅣ(4)の和音ですよね。

 

 

このどちらが最初の部分の和音にふさわしいでしょう。

ち、ち、ち、ち~ん♪

 

どっちじゃろね。

ネコ太郎

 

Ⅳ!

はなちゃん

 

4、好きだったね。

Chizuyo

 

 

迷った時は、2通りの方法があります。

 

まずは、【音に慣れている方】、【響きが良く聴こえる方】は、鍵盤で音を鳴らして、響きを確認してみてください。

頭の中で鳴らせる方は、なおいいですね。

 

未だ、音はちょっとわからないと言う方、基本形根音を考えましょう。

 

出た!専門用語! わからんよ。

ネコ太郎

ハイ!

ご説明しますね。

Chizuyo

 

 

和音には、【基本形】というものが有ります。

お団子が綺麗に並んだ形です。

こういう形に並べた時、1番下に来るのが、根音(=根っこの音)です。

 

根音が、和音もコード記号も決定づけるのです。なので、その音から、どちらにするか決めます。

Cコードの場合、根音は、コード名に付けられているドの音です。

 

この方法だと、音に慣れていない方もつけやすいですね。

この方法で選んだ場合も、必ず鍵盤で弾いてみて、響きの確認をしてみてくださいね。

 

では、楽譜に戻りますよ〜。

さあ、基本形の根音がドの和音は?

Ⅰの和音ですね。

楽譜のメロディの最初は、ドが3つ並んでいるので、この間は、Iの和音、Cコードでいいですね。

 

次まで行ってみましょうか。

次は、レです。

これは、先ほどに比べたらカンタンですね。

 

レを含む和音はどれ⁈

 

これはわかるよ。Ⅴの和音、Gコードだね。

はなちゃん

 

正解!

Chizuyo

 

ここでは、基本形ではなくて、転回形を使いました、

転回形とは、音は一緒なんですが、和音の順番が変わっていますね。

 

 

こんな風に和音を付けていくと伴奏が付けられますよ。

どうです?

 

面白いでしょ。

 

基本三和音が使われていない場合

次は、基本三和音じゃない場合も有るという場合ですね。

これが、ちょっと難しく感じちゃう原因ですね。

 

頑張って行きましょうか。

和音を付ける時は、3拍子の場合は、基本的に、1拍目の音を考えます。

4拍子の場合は、1拍目と3拍目を考えます。

これで和音を付けてみて、鍵盤で弾いてみましょう。

 

殆ど間違いないと思いますが、響きが気に入らない場合は、その音を含むほかの和音も考えてみてね。

 

また、この音を含まない場合もあります。
それは、その音が他の移るためだけに使われている場合です。

 

例えば、こんな場合です。

ここの小節は、Ⅰの和音、Cコードの和音ですが、レの音は、含まれていないですよね。
こういう場合は、ミに行くための音、経過音として扱います。

別に覚えなくてもいいですが、知識としてあんなのがあったなと頭の片隅に入れておいてね。

 

さて、ここでの本題。

このドの部分とレ、ミの部分ですね。

 

ここでは、曲が短調になっているんです。
和音としては、Ⅰの和音でも間違いではありませんが、ここは、響きを考えてAのマイナーコードを使います。

 

ドとミを含んだ和音で、Am=ラ・ド・ミの音ですね。

ハ長調の中の(ろく)の和音になります。
マイナーコードと呼ばれるものですが、音は、ちゃんとハ長調の中の音で作られていますよ。

 

ハ長調なのに、なぜ、マイナーなの?
マイナーは、短調の響きを持つものでしょう?悲しい感じだよね。

はなちゃん

 

こういう場合は、ハ長調とイ短調は同じ音で作られてる調で、平行調と言います。

同じ音なので、響きとして和音にも使えるんですね。

ここの部分が、ハ長調のⅥ(ろく】の和音、Amコードと言います。

 

 

 

次の小節のファの音の部分も短調の部分で、響きとして、ファが根音のの和音より、Ⅱの和音(レ・ファ・ラ)Dmコードを使います。

そして、レの部分で長調に戻ってくるので、レの音を含むⅤの和音、Gコードの和音を使うんですね。

 

この曲は、途中で長調から短調に変わる部分があるので、その部分では、響きを考えながら和音を付けてみてくださいね~。

う~ん、ちょっと難しかったですかね。

響きを確認しながら、付けてみると分かりやすいですよ。

 

どちらを覚えたらいいの?

Ⅰの和音とか、Cコードとかややこしいですよね。

それに2つとも覚えるの〜?ってなりますね。

テストを受けたり、教える立場にない方は、別に和音の名称は覚えなくても良いです。

 

問題は、中身ですね。

お得な方法をお教え致します。

 

せんせい、割引き好きやもんね。

ネコ太郎

 

大好きよおお。二割、三割、ドンと来い!。

Chizuyo

 

意味わからんよ。

ネコ太郎

 

 

お得な方法は、やっぱりコードを覚える事です。

 

コードを覚える

コードは、調によって変わらないんです。

例えば、下の図で言うと、

 

 

ドミソの和音が、ハ長調では【Ⅰの和音】(いちのわおん)となっていますが、ト長調では、【Ⅳの和音】(よんのわおん)と名前が変わっている事にお気づきでしょうか?

ヘ長調では、ドの音が5番目の音なので、【Ⅴの和音】(ごのわおん)になります。

この覚え方だと調ごとに和音名が増えますよね。

 

ですが、コード名にすると、ドミソの和音は、ハ長調で出てこようが、へ長調で出てこようが、【Cコード】です。

覚える事が、ぐっと減りますよね〜。

 

なので、お勧めは、コード名を覚える事です。

 

まとめ

童謡は、殆ど基本三和音でつける事が出来ます。
少し響き的にどうかなあ・・という場合もあまり気にしないで演奏出来るのが良い所でしょうか。

 

もし、耳が育ってきていて、響き的にどうかなあという時には、変えてみてください。

先ず、【その音】を含む【その調の中の和音】を使ってみる事です。

そして、楽器で演奏して確認。
響きが合えば、オッケーという事でいいと思います。

注意点は、例えば、ハ長調では、和音にシャープやフラットの臨時記号が付く事はありませんが、ト長調だったら、ファの音には必ずシャープが付くよ~という事に気を付けてくださいね。

伴奏は、付ければつけるだけ、上手くなっていきます。
自分の耳も育っていくので、ぜひ、お試しくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2019 All Rights Reserved.