かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

カノンコードを使って作曲しよう。まずは、簡単な基本の音から。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
ト長調のカノンコード 基本形 2019.9.24
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

さて、昨日のト長調のカノンコードは、出来ました?

この番号順に進むのが、ト長調のカノンコード。

ト長調のカノンコード 基本形 2019.9.24

演奏は、綺麗なお団子が並んだような形になる音を演奏してもいいし、並びの変わった形で演奏してもどちらでも大丈夫です。

 

ここがpoint!
なるべく近くの音へ移動しながら演奏する方が弾きやすい。

 

和音を弾く場合は、和音を作っている全部の音を鳴らさなくても大丈夫!

Chizuyo

 

その調に付けられている調号はお忘れなく。

 

出来る方は、アレンジされてみてくださいね。

移動ドも勉強したので、音階のその音の読みの上に音を重ねるだけで出来ます。

 

その調の移動ド読みの

ド・ソ・ラ・ミ・ファ・ド・ファ・ソ

の上に基本の音を重ねます。

これが、コード(=和音)の最初の音(=一番下の音)にもなりますね。

カノンコードの根音 2019.9.24

これで、カノンコードは何調でも作れます。

例として、ハ長調・ニ長調・イ長調・ホ長調の場合のカノンコードの【根音=基本形の一番下の音】を書いておきますね。

この音の上に音を2つ重ねて和音にしますよ。

演奏する時は、調号をお忘れなく。

調ごとのカノンコード 2019.9.24

今日はいよいよ簡単な方法で、このカノンコードを中で響かせるメロディを作ってみましょう。

 

使われている音でメロディを作ろう

今日は、簡単をキーワードに行きますよ。

 

1つの和音で、1つの小節を埋めます。

カノンコードで作曲NO1 2019.9.24

まずは、全音符で作ってみました。

 

左手の和音は、カノン進行の基本形で演奏しています。

これも↓同じように和音の中の音を使って、先ほどと違う音で作ってみましたよ。

カノンコードで作曲NO2 2019.9.24

全音符だとちょっと寂しいでしょうか。

 

次は、ニ分音符にしてみましょうか。

二分音符だとこんな感じです。

カノンコードで作曲NO3

 

最初からきれいなメロディを付けようとすると、時間がかかってしまうかもしれないので、簡単に作るために、使われている和音の中の音を使って作っていますよ。

 

Cの場合は、ド・ミ・ソの中の音をどれか。

Gの場合は、ソ・シ・レの中の音をどれか。

Amの場合は、ラ・ド・ミの中の音をどれか

 

という具合ですね。

 

 

中で響いている和音は、今まで勉強して来たカノンコードを使っていますから、カノンコード特有の響きがしますけど、それに別にメロディを乗せるとまた、違った味がしますね〜。

アレンジの得意な方は、どんどんアレンジしちゃってくださいね。

 

今日のレッスン

カノンコードと言うのは、パッヘルベルのカノンに使われている和音進行に付けられたものです。

日本人に好まれやすいコード進行として親しまれています。

このコード進行で作られた曲が、ヒットしやすいというのもその理由になると思いますね。

今回は、以前書いた、しょうーもない記事をもっとしっかりと書きなおしたく思い、挑戦してみました。

少しは、分かりやすくなっているといいです。

もっともっと精進していきたいと思います。

お付き合いくださって、お読みくださってありがとうございました。

 

鹿児島市玉里団地ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

 

 お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です