大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

noteで、初心者向けの基礎教材【基本のき】を販売しました。

ピアノで音階を学ぼう!短調の音階は2種類あります。

Chizuyo
WRITER
 
イ短調の和声短音階

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

以前、音階は、仕組みで作れますよというお話をしました。

ぜ・ぜ・は・ぜ・ぜ・ぜ・は

の音の幅を持つ音階は、長調でした。

全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音。

 

今日の音階は、短調の音階です。

短調の音階は、2つありますよ。

今日は、よく使われる音階にフォーカスしてご説明しますね。

Chizuyo

今日は、このお話です。

短調の音階は2種類あります。

同じ調号を持つ長調と短調のことを、平行調と言うんですね。

基本的に、同じ音、同じ調号で、出来ています。

調号とは、シャープやフラットのことですね。

Chizuyo

平行調・・

さくらさん

短調の音階は、平行調の長調の、この丸印がついている、ここからはじまるので、

ハ長調の音階のラの音

ハ長調の音階のラの音

 

この調から始まる調は、イ短調となります。

イ短調の音階

イ短調の音階

音の幅も、長調のここからはじまるので、

短調の音階のはじまり

短調の音階のはじまり

 

短調は、

全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音

 

ただし、短調の音階は、種類があります。
そのうちの2つは、

・自然短音階(しぜん、たんおんかい)
・和声短音階(わせい、たんおんかい)

です。

でた!専門用語〜。覚えるのかにゃ・・・

ネコ太郎

 

順番に説明しますね。

自然短音階(しぜんたんおんかい)

自然短音階というのは、平行調の長調と、全く同じ調号を持つ短音階の事です。

自然短音階とは、平行調の長調と、同じ調号が付く・・・

さくらさん

まず、平行短調は、主音から数えて、6番目の音からはじまります。
ハ長調は、6番目の音は、ラですね。

ハ長調の音階のラの音

ハ長調の音階のラの音

 

ハ長調の場合、同じ平行調の自然短音階は、イ短調です。
自然短音階なので、調号は、無しです。

イ短調の音階

イ短調の音階

 

 

ニ長調の場合は、自然短音階は、ロ短調で、調号は、ニ長調のファとドに、♯が付きます。

平行調

平行調

 

日本語での、調名には、音名が付きます。

ハ・二・ホ・へ・ト・イ・ロ

 

和声短音階

和声短音階とは、ちょっと素敵な響きがする調なんです。

そこの音だけ、ウインクをしたく成るような・・・

 

・・・・

さくらさん

 

なんじゃろね・・。

ネコ太郎

 

和声短音階は、自然短音階の7番目の音が、半音上がります。

イ短調の場合は、もともと調号がないですね。
なので、7番目の音に、半音上げる意の、♯をつけます。

イ短調の和声短音階

イ短調の和声短音階

 

ピアノで弾いてみると、ちょっと素敵な響きになってます。

演奏では、この和声短音階が使われていることが多いです。

 

仕組みを考える

さて、ここで、仕組みも簡単に扱って終わろうと思います。

★長調の仕組み

長調の仕組み

長調の仕組み

 

★自然短音階の仕組み

自然短音階の仕組み

自然短音階の仕組み

★和声短音階の仕組み

和声短音階は、7番目の音にさらに半音上げるの意の、シャープが付きます。

調によっては、すでに7番目の音に、調号がついていたりするので、シャープがついていたら、更にシャープを付けるので、ダブルシャープがつきます!

記号は、脚付きのバッテンです。こんなの↓

ダブルシャープの画像

ダブルシャープの画像

 

さらに、♭がつく調では、7番目に♭がついていた場合、♮の記号で、♭の調号の効力を消します。

 

★音の幅

和声短音階の音の幅は、途中までは、自然短音階と一緒ですが、6番目と7番目の音の幅が、全音+半音となりますね。

この音の幅は、増3度という音の幅になります。

増3度という音の幅

増3度という音の幅

増3度

増3度

増3度は、6番目の音と、7番目の音の間に、鍵盤が2つ挟まっている、音の幅になります。

 

 

旋律的短音階

短音階には、実はもう一つ音階の種類があります。

旋律的短音階といいます。

上行形と下行形があって、音を上がっていって、下ってくる音が違うんですね。

自然短音階

自然短音階

この音階は、

上行形の6番目と7番目が半音上がる
下行形では、自然短音階の音階にもどる。

あまり演奏では使われない形だと思います。

知識ぐらいにとどめてくださればいいと思います。

 

まとめ

今日は、短音階について書きました。

普段の演奏で、よく使われるのは、やっぱり和声短音階だと思います。

響きが、素敵なんですよね〜。
普段の呼び名は、短音階、もしくは、短調の音階でいいですよ。

 

普段、何気なく演奏していることを、言葉にするって難しいです。
間違っているところや、表記ミスが有りましたら、教えて下さいね。

かんしゃしま〜す。(*´艸`*)

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.