大人向けピアノブログ

ハ長調の音階の作り方

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

音階は、仕組みが合って、仕組みを覚えると音を覚えなくても演奏する事が出来ます。

音階とは

音階というのは、その曲を作っている【音の集まりの事】です。

料理で例えると

クッキーを作ろうと思ったら、小麦粉、バター、卵
プリンを作ろうと思ったら、卵、エッセンス
チーズケーキを作ろうと思ったら、普段の材料にクリームチーズを加えますよね。

この材料の部分と言ってもいいと思います。

 

音階を仕組みで覚えよう

音階は、音の数だけあります。

 

音の数

鍵盤は、白い鍵盤が7個黒い鍵盤が5個。足して12個

ここに注意!
ここで使う音の数とはピアノの実際に演奏する鍵盤の数ではありません。例えば【ド】の音は、高さにとらわれる事無く、全ての高さのドを全部含めてひとつのドとしています。

 

音の読み方は、2種類

音の読み方は、♯(シャープ)が付いた場合の音と♭(フラット)が付いた場合の音とあります。

 

例えば、
ファの音♯(シャープ)が付いた場合は、【嬰へ】(えいへ)と呼びます。
♭(フラット)が付いた場合は、【変へ】(へんへ)と呼びます。

 

この二つの名前をとって、【嬰へ長調】と【変ヘ長調】というのが出来ます。

ここに注意!
音階の最初の音が、その調の名前を決定します。主音と言いますよ。

 

実際に弾く音は一緒ですが、楽譜にすると音が変わってきます。

 

音階は全部で24個

このように2つの名前を持つ音で音階を作ろうとすると24個の調が出来てしまうんですね。

記憶しなくてもいい方法

この24調全部を記憶しなくてもいい方法があります。

それは、仕組みを覚える事です。

 

調の仕組化

丸覚えをするなら、指で覚える方がいいです。
全ての調を何回も弾いて、指に覚えさせます。

この場合は、指遣いやどこを演奏するのかなどの手間と時間がかかってきます。

それだけの時間が取れない場合、仕組みを覚えましょう。

 

全音・半音

仕組みを覚えるために、一つだけ理解して欲しい事があります。

それは、全音と半音という音の幅です。

全音

全音とは、音と音の間に鍵盤が1つある音の幅の事。

半音

半音とは、音と音の間に鍵盤が挟まっていない音の幅の事。

 

仕組み

音階は、上の図のように、【全音・全音・半音】全音【全音・全音・半音】という音の幅で出来ています。

この音の仕組を覚えておけば、最初の音からすぐに音階が作れるというわけです。

この順番を覚えましょう。
大丈夫、簡単です。

【ぜ・ぜ・は・ぜ・ぜ・ぜ・は】と覚えればいいです。
呪文のように唱えましょう。

ぜ~、ぜ~、は~≫ ぜ~ ≪ぜ~、ぜ~、は~

この音階は、長調の仕組みで、短調の仕組はまた変わってきますが、ここでは省きますね。

 

今日のレッスン

調の丸覚えは大変だ!という方、指で覚える時間が取れない場合は、仕組みで覚えましょう!

簡単ですよ。

ぜ・ぜ・は・ぜ・ぜ・ぜ・は

でしたね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
鹿児島県で『ぴぴピアノ教室』大人のピアノ教室・子どものピアノ教室を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です