大人の初心者向けのオンラインピアノ教室。独学の方や教室を始められたばかりの先生方へも

noteで、初心者向けの基礎教材【基本のき】を販売しました。

コードネームは、全部覚える必要は無し。まずは弾きたい曲に書いてあるコードだけ覚えましょう。

Chizuyo
WRITER
 
シ・ド・レ・ミ

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

【大人の初心者ピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com
【子どものピアノ教室】HP&Blog:https://tounpipi24.com/child/
教室facebookページ:https://www.facebook.com/chizuyo.piano/
教室Twitterhttps://twitter.com/tounpipi

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】いのうえちづよです。

コードとは、和音記号のことです。

このコードで演奏をする時、まず、全てのコードを覚える必要があるかと言うと、そんな事はありません。

まずは、弾きたい曲の、必要なコードだけ覚えましょう。

今日はこの事について書きます。

まずは弾きたい曲に書いてあるコードだけ覚えましょう

ハ長調から始まった曲が、途中で、ト長調になったり、他の調になったりすることを、転調するといいます。

こういう曲の場合は、弾きたい曲のコードの数がちょっと増えますが、全てのコードを、最初から全部覚えていたら、曲を弾く前に疲れてしまうし、楽しさが半減します。

なので、まずは、弾きたい曲に書いてあるコードを弾きながら、覚えましょう。

 

ピアノの弾き方は、飛ばして行くわけに行きませんが、コードの場合は、最初は、必要なコードだけで大丈夫。

Chizuyo

 

弾きたい曲の中に出てくるコードだけ、勉強しながら、実際に曲を弾きながら進めたほうが、絶対に覚えるし、楽しいから、次もまた、覚えよう!という気持ちになれますね。

まずは、はじめることです!

例えば、童謡の【ぶんぶんぶん】に使われているコードは、

CコードGコードだけです。

このコードを覚えて、両手でコードを演奏しようと思ったら、この2つのコードのみ。

Cコードは、右手は、ド・ミ・ソで、左手は、ド
Gコードは、右手が、ソ・シ・レで、左手は、ソ

コードを覚えて、メロディは歌えば、1曲仕上がりますね。

 

少ないけど、ちゃんと2つのコードを覚えることが出来ましたね。

Chizuyo

 

あまり完璧を求めない

ネット上でも、全部のコードを覚えられないとか、コード進行が・・とか書いてあるのをよく見ます。

テストを受けるわけではないので、最初から、全部覚える必要はありません。

まずは、見切り発進でOK!

 

数曲扱えば、いつのまにか、複数のコードを覚えていると思います。

 

がっかりされると、私も悲しくなってしまうので、ちょっとだけ書きます。

いま子どもたちに人気の【紅蓮華】という曲、小学校の3年生ぐらいだと、初級の楽譜を使っています。

ここに出てくる左手は、コードの頭のアルファベットが、ずっと並んでいるんですね。

 

最初の山場の部分、

つ〜よ〜く〜・・・

の部分です。

ここに使われているコードは、

C・Dsus4・Em・Bm7・CM7・D

で、基本形にした時、根音の部分は、シ・ド・レ・ミしかでてきません。

シ・ド・レ・ミ

シ・ド・レ・ミ

 

 

この部分は、前奏の部分ですから、うたの、最初の部分になると

Em7・D・CM7・D

が数回続きます。

ここでの根音は、シを除いた、ド・レ・ミのみ。

シ・ド・レ・ミ

シ・ド・レ・ミ

 

そして、また最初のコードの並びに戻って

C・Dsus4・Em・Bm7・CM7・D

シ・ド・レ・ミですね。

シ・ド・レ・ミ

シ・ド・レ・ミ

 

どうしたって〜

のところから、

C・D・Em・Bm7・・が続きます。

という事は、ここでも、シ・ド・レ・ミのみ。

シ・ド・レ・ミ

シ・ド・レ・ミ

 

 

こうしてみると、曲に出てくるコードって、本当に限られたものだけなんですね。

だから、まず好きな曲で取り組んでみると、数個ずつ、覚えていけると思います。

 

今日のレッスン

コードは、弾く前から、全部覚える必要はありません。

好きな曲で取り組んで、まず、その曲に出てくるコードを覚えましょう。

数曲練習すれば、かなりの数のコードに接する事が出来ると思います。

楽しみながらが、だんだん、覚えられますよ。(*^^*)
曲が弾けると、嬉しいですよね。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

【ピアノ大人初心者、応援コンテンツ】基礎編

応援コンテンツTOP画像

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴ オンラインピアノ教室 , 2020 All Rights Reserved.