演奏フォームは大切!/かんたん!コード奏

和音は、分けて演奏すれば良い。手の小ささも心配なし。

WRITER
 
和音
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室 いのうえちづよです。

和音のお悩みは、良く伺うことの1つです。

手が小さいから演奏できない

というものですね。

和音を弾く時の注意点はこちらに書きました。↓

演奏の仕方って、本当にたくさんあるんです。
たくさんたくさん・・・。
私の学生時代にしていた方法を一つご紹介いたしましょう。

和音は、分けて演奏すれば良い。手の小ささも心配なし。

和音とは、2つ以上の音の重なりを表したものです。

左手だけで、指が5本あるので、最高5つの音を鳴らすことができます。
1オクターブが届いても、途中にたくさんの音が入ってくると、押さえ辛くなりますね。

こういう場合は、

  • 分けて押さえる
  • ばらして押さえる

という方法が取れます。

 

分けて押さえる

分けて押さえるというのは、1つの和音を右手と左手で分担して押さえようというものです。

縦に長い和音が合ったとします。

和音

和音

 

①の和音は、①オクターブなので、通常、演奏される和音です。
一応なんとか届きますよね。

②の和音は、ちょっと書いてみましたが、左手で演奏するなんて論外で、一番上の音は、右手演奏します。
右手の親指を使いましょう。

③の和音も②と一緒で、右手と分担します。

④の和音は、もしかしたら届く方がいらっしゃるかもしれませんが、小さい手というテーマなので、右手と分担して下さいね。

・分担する時

分担する時は、右手がその場所で、実際に押さえている音を考えながら演奏します。

作曲家の方が、ご自分でピアノを弾く場合は、無謀な楽譜にはならないと思うので、楽譜の音をしっかりとみて下さいね。

また、左手だけで押さえる場合でも、1本の指で、音を2つ押さえる場合もあります。
この方法ももちろんありです。

大学で教わっていた先生から伝授された方法なので、間違いないですよ(*^^*)

ばらして押さえる

ばらして押さえるという方法は、一番下の音を小指で押さえた後、次々に上の音を押さえていくという方法です。

この場合は、ペダルを使って、音を残します。
一番下の音を最後まで押さえておく必要はありませんから、この弾き方をもよく使われる方法の1つです。

子どもの頃は、私の先生もよくこういう方法を考えてくださっていました。

まとめ

手の小さいことは本当に悩みに思わず、演奏表現が変えられる!ぐらいに開き直ってください。

私の大学時代の友達は、体も手も小さかったけど、水の戯れをそりゃあ素敵に弾いていました。

お悩みと思わずに、特徴として、生かして下さいね。

 

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2015 All Rights Reserved.