大人の初心者さんのためのピアノ教室///演奏フォームも大切!

曲の練習速度を変える場合、まず、自分で歌ってみて速さの確認をするという方法があります。

WRITER
 
歌う女性
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴオンラインピアノ教室、いのうえちづよです。

曲がだいぶ仕上がってきたので、曲全体の速さを上げたいのですが、メトロノームを使う以外になにか方法がありますか?

さくらさん

メトロームを使うと曲の速度を上げることが出来ますが、他にも方法があります。

そのことについて今日はお伝えします。

曲の練習速度を変える場合、まず、自分で歌ってみて速さの確認をするという方法があります。

曲の速度変化を付ける場合、例えば早くしたり、遅くしたりと言った場合ですよね。

こういう場合、必要なことは、

  • 指が動くようになっていること
  • 曲の練習が進んでいること

 

・指がよく動くようになっていること

早く指が動くようになっていると、曲のテンポアップは、しやすいです。
指が動くようになっていないと、気が焦って、テンポアップにつながら無い場合が多いですね。

 

・曲の練習が進んでいること

暗譜しなくてもいいんですけど、目がなんとなく楽譜を追うだけで、音が演奏できるぐらいになっていることが、いいですね。

暗譜

楽譜を見ないで、曲の演奏をする事

 

テンポアップ

曲の速さを上げるには、最初に書いたように、メトロノームを使う方法があります。

メトロノームの使い方には、少し気に留めて頂きたい事があります。
こちらに書きました↓

もう一つは、自分で、速さを把握すること、です。

速さを把握すること

今弾いている速さを少し上げたい場合、下げたい場合、自分で声に出して歌ってみる方法があります。

え〜、むりい。歌ヘタだもん。

はなちゃん

上手に歌う必要は、全く無いですよ。

Chizuyo

例えば、

お・は・よ・う

というと、少しゆっくりですね。

おはよう!

というと、早くなりますよね。

こういうことです。

 

・方法

曲の速さを上げるためには、前以てあげたい速さで、頭の中で、反芻しておくといいです。
あげたいテンポを刻んでおいてから、最初の触りだけでも、あげたいテンポで、歌ってみる。
それから、いざ、弾きだす。

速さがなかなかあげられない方は、この前準備が不足している場合が多い。

リレーのバトンを思い浮かべてください。
次走者は、走りこんでくる前走者の速度に合わせて走っていき、重なった時、バトンを渡しますよね~。

ピアノも弾き始めてから、そのテンポ(=速度)にする事は出来ません。
同じ速さにしないと弾けません。
この弾き方だと、【だんだん早く】ということになっちゃいますね。

なので、歌うことで、弾き出す前にその速さを確認して、その速さにする準備をしましょう。

これが、メトロノームを使わない方法ですね。

まとめ

メトロノームを使った、速さの確認と歌ってみて速さを確認する方法とあります。

メトロノームで速さを上げた場合は、曲によって使い続けないほうが良い場合があるので、そこに注意してみてください。

ご自分に合った方法を見つけて下さいね。

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© かんたん!ピアノコード弾き , 2016 All Rights Reserved.