かごしま市たまざと団地 ぴぴピアノ教室。音楽好きが育ちます!

ピアノ演奏時の指の第一関節の反りを直す。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『こどものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

ピアノを弾く時、鍵盤をスイッチのように弾く人がいます。

今日はこのお話です。

 

鍵盤はスイッチ?

 

鍵盤は、電気のスイッチのように【押しこんだらそのまま】という作りではありません。

鍵盤は指で叩いたら必ず上に戻ってくるという構造になっています。

 

スイッチのような方法で押し込むという方法だと、鍵盤の上で指が止まっている感覚になって指が鍵盤を押さえている間、常に力が入っている状態になります。

ぎゅ~という感じです。

 

ピアノを弾く時は、鍵盤を叩いた瞬間だけ力が入って、その後は、【指先が鍵盤に乗っている】若しくは、触れているだけという感覚にしてみてください。

 

ピアノの鍵盤は、構造上、打楽器のように叩くというのが正しい演奏方法です。

 

指先で叩くですね。

 

ですが、叩いた瞬間、太鼓のばち(スティック)のように跳ね返るという事はなく、(スタッカートのような奏法ではあります)その場に指が残っている状態です。

 

これは、使用楽器の弾き方でも変わってきますし、自宅楽器で癖づいた指はなかなかに直すのが難しいです。

なので、ここでは、グランドピアノやアップライトピアノ・電子ピアノを弾く場合について書いています。

 

まずは、スイッチをイメージせず、打楽器をイメージしてみてください。

 

太鼓や小太鼓、楽器じゃないところで言うとトランポリンでもいいです。

あの跳ね返る様子を想像します。

まずは、このように、想像してみます。

 

打鍵した瞬間に鍵盤からのエネルギーを受け止める感じなので、鍵盤を力で押さえつけたまま・・という事はありません。

 

 

 

力の向かう方向はどっち?

次に、力の入れる方向を変えます。

ピアノを弾く時は、体からのエネルギーを腕に集めて、手に集めて、指先から鍵盤に向かって発射~という感じになるので、まずは、手の平全体で鍵盤を押さえる事にならないようにします。

 

手の平全体で押さえるイメージの人は、手が、カニのようにつぶれた姿になります。

指先に全エネルギーをためてそして鍵盤を弾くという力の向かう先が想像できると、手の位置を高くしないと演奏できないので、想像するだけでもいいと思います。

 

まとめ

まずは、鍵盤を弾く時、スイッチと同様にしない。

押し込むイメージではなく、跳ね返りを受け止めるイメージをする。

次に、力の向かう先を考えてみる。

鍵盤を弾く時、手全体で一つの音を弾かない。

1つの音を演奏する時は、あくまで、指先だけに力を向ける。

 

以上の事に気を付けると大分弾きやすくなってくるのではないかと思います。

 

演奏のフォームは、ピアノの曲を練習する前にまず扱いたい項目の一つです。

 

なぜなら、そのままで演奏し続ける事が大変になるからです。

時には、手に故障が起きたりもします。

 

ぜひ、まずは、手のフォームに

注目してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『こどものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.