かごしま市たまざと団地のピアノ教室。初心者大歓迎!教室を始められたばかりの先生方や独学の方へも。

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

楽譜の読み方《歌詞(言葉)付きの場合》

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

 

レッスンで、【歌詞付きの楽譜の読み方】を訊かれたので、書いてみます。

先ずは、歌詞って、1番2番って言葉が違いますよね。
なので、楽譜によっては、それが丁寧に分けて書いてあるものが多いんです。

歌詞が違うって事は、言葉の数が違うって事。

そんな場合は、音符も変わってきます。
楽譜の記載方法が、違うんです。

そういう場合、どこを弾けばいいのか?わかりにくいですね。

今日はその事について書いてみます。

 

歌詞の音数律

童謡などの場合など、歌詞の言葉の数が決まっている場合、いわゆる【5・7・5・7・7】にのっとって歌詞が出来ています。

1番・2番と音を別に記載する必要が無い場合は、音も別に記載する必要がないので、リピート記号などで、繰り返してあります。

でも、J-popなどの場合は、言葉の数が違っても、変な言い方ですけど、その拍数に押し込めるので、音符数がいちいち違ったりするんです。

2019.3.3-4

この楽譜、お判りでしょうか?

歌詞の数だけの音符は書いていないですよね。

他に、【ラップ】と呼ばれる曲なども、歌詞の数だけの音は書いていないです。

 

まずは、こういう場合は、普通にこの音だけを演奏するでいいと思います。
弾き語りの場合も、言葉の数だけ、演奏する必要はないです。

 

無理に、この言葉数に合わせて、音を増やしたりすると音が連打されるので、うるさく感じたり、音楽として変な感じになったりします。

もともと、ラップなどの曲には、音がなくて、語り調で歌われますからね。
なので、寧ろ、音を減らすぐらいでいいんですね。

 

歌詞の言葉の数が違う場合

次は、楽譜として、音がちゃんとある場合の楽譜では、1番目と2番目の言葉の数が違う場合は、1回目の時は、大きい玉の方、2回目の時は、小さい玉の方という具合に読み替えます。

2019.3.3-3

元の楽譜

 

上の楽譜から、それぞれの歌詞を取り出すと、1番の歌詞は大きい玉

2019.3.3

 

2番目は小さい玉

2019.3.3-2

を弾きます。

 

コードで伴奏したり、楽譜の伴奏部分だけを演奏する場合は、1番2番と弾き分けなくてもいいんですけどメロディを演奏する場合は、この弾き分けがあったほうがいいですね。

 

でもね、歌詞のメロディを、1番の時、2番の時、と無理に演奏する必要はないです。
自分で楽しむ場合やきっちり弾く必要のない場面では、2番の時も1番を弾いても構わないですよ。

その時に鳴る、音の響きだけで、歌は歌えるからですね。

 

臨機応変で、練習してくださいね。

 

今日のレッスン

歌詞付きの楽譜の場合は、1番=【大きな玉の音符】と、2番=【小さい玉の音符】が一緒に書いてあるので、【メロディの部分を演奏したい場合】、【演奏する必要がある場合】は、大きい音符と小さい音符とを弾き分ける必要があるという事ですね。

ただし、歌詞を歌ったりしない場合は、【1番のメロディー】若しくは、【2番のメロディー】を2回繰り返すだけでも、OK!

楽しむ事が一番大切ですからね。

 

★ぴぴピアノ教室で扱っている、基礎教材を無料で差し上げています!

どうぞ、あなたの素敵なピアノライフにお役立てください。
★中身は、ブログ等で発信している基礎の部分をまとめてあります。

応援コンテンツTOP画像

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

★ぴぴピアノ教室【大人の教室】
体験レッスンのお申し込みは、こちらから↓

お電話はこちらから↓
 090-1167-1759(10:00-19:00)
レッスン中は、電話に出られません。
ごめんなさい。メッセージを送信して頂けると助かります

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です