かごしま市たまざと団地。初心者さん大歓迎!独学ノウハウもあるよ

ブライダルミッション!とっておきの一曲を大切なあの方へ

楽譜の通りに弾けるようになりたい。

Chizuyo Inoue
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

楽譜の通りに弾く事が目的の場合は、一つでも間違うとかなりのストレスを感じる方がいらっしゃるようです。

実際、弾けない部分の楽譜を変えたり、音を減らしたりして弾く事は出来ますが、その事が、かえって達成感を得られない場合、減らす意味がなくなってしまいますね~。

教室でも、過去いらっしゃいました。

その場合は、楽譜選びにも気を使いますが、つまづく所は人それぞれなので、大丈夫だろうと思って持ってきた楽譜が、すごく苦手なものだったりする場合も少なくありません。

そんな場合は、練習する様子を見せて頂く事があります。

良く間違う場所の指使いが1回1回違うという事も良く見られますが、ゆっくり練習を何回もお願いしているのにもかかわらず、ゆっくり弾けない方もいらっしゃいます。

ゆっくり練習の場合は、今弾いた音をずっと頭で鳴らし続けないと音同士がつながって来ないので、途中で、
どんな曲を弾いているのかわからなくなって、結果、何回弾いても頭に入って行かないという事があるようです。

ゆっくり弾いていると、わかんなくなるよ~!

はなちゃん

 

本当は、ゆっくり練習の場合は、全体的に同じ速さで全部ゆっくり弾かないと曲として成り立たないのですが、そんな場合は、思い切って、曲を区切って練習してみてください。

(練習の場合だけですからね。レッスンでそんなまま持って行かないで下さいね~)
早く弾けるようになっている部分ゆっくり弾かないと弾けない部分とにです。

ゆっくりと弾かないと弾けないのに早く弾くのは、論外です。

弾けない部分は、ゆっくり練習!
コレ基本。

その際は、
毎回同じ指使いに決める。
➁ゆっくり間違わずに弾くようにする。
➂②が出来たら速度を上げる。
➃早く弾ける部分の速度で弾ける様になってから早い部分と遅い部分を合わせる。
まずは、これです。

何回も言っていますが、
何回も言うほど重要なんです。
宜しくお願い致します。

~ジュゲムブログより~

この記事を書いている人 - WRITER -
Chizuyo Inoue
鹿児島県で、ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』『子どものピアノ教室』を開いています。 音楽好きの人を一人でも多く増やしたい思いで活動中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴぴピアノ教室【大人のピアノ教室】 , 2015 All Rights Reserved.