かんたん!コード弾き/演奏フォームは大切!

初見奏の練習をしよう!順番に教えます。

WRITER
 
ブログタイトル
この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

 

今日は、初見奏の練習についてです。

 

初見奏の練習では、

  • 指がスラスラ動く事
  • ブラインドタッチが出来る事
  • 譜読みが出来る事

主に、この事が必要です。

初見奏の練習をしよう!順番に教えます。

初見でピアノを弾くには、いきなり新しい楽譜を見ながら、両手で弾くのが早道です。

最初から、どんどん進めて下さい。

ピアノ演奏の基礎は、上手になったら取り組もうというものは全くなくて、最初から出来るように少しづつ進める方がいいです。

順番に取り組みたい方のために、方法を書いてみました。

  • ピアノ指を作る
  • ブラインドタッチを身に付けよう
  • 次は譜読み

まずは、ピアノ指を作る

ピアノ指とは、ピアノを弾くための指・手・体の形です。

ピアノを弾くための演奏フォームが、分かってきたら、テクニック本や基礎教材を使って指がスラスラと動かせるようにします。

 

 

 

テクニック本や教材もいろいろありますから、
ご自分に合ったものや、お習いの先生のおすすめ本を使ってみてくださいね。

 

テクニックの本は、どうしても使わないといけないというものではありませんが、指を動かすには、普段、しなれない指の動きが出来るように、繰り返す必要があります。

曲の練習とは違って、通しの練習でも大丈夫です。
繰り返して練習しましょう。

 

 

ブラインドタッチを身に付けよう

次は、ブラインドタッチが便利です。

ブラインドタッチも、練習が必要だけど、お気軽な方法をちょっとお伝えしちゃいますね。

 

指の番号が書かれたカードを5枚準備します。

これを適当に並べて、これを見ながら、手元を見ないで鍵盤上で指を動かします。

 

指番号カード ぴぴピアノ教室

まずは、たったこれだけです。

 

ですが、侮るなかれです。

これだけでも難しく感じる方もいるはず。

まずは、最初の一歩!なので、やっぱりだまされたと思ってやってみてくださいネ。

 

ここに注意!

手元を見ないようにしましょう。

何回か繰り返したら、番号の順番を変える。

すらすら出来るように繰り返す。

 

この方法で、場所はわかるんだけど、動かす指もわかるんだけど、でも指を動かすのがぎこちない場合、

まだピアノ指になっていない事が考えられるので、一つ前に戻って、指がスラスラ動かせるようにテクニック曲の練習をしてみましょう。

1もどる・・・。

さくらさん

ふにゃあ・・

ネコ太郎

 

がっかりする必要なありませんからね~。

何をすればいいのかわかっている方が、取り組みやすいですね。

 

ここがクリアできたら、また、戻って来て、お気軽ブラインドタッチ習得の練習をします。

番号カードを使ってのブラインドタッチの練習は、譜読みがまずまずでも、大丈夫。

 

ブラインドタッチの練習は、曲を覚えて弾く事が常になっている方にも有効な方法なので、ぜひ、取り組んでみてください。

 

これだけの音の幅でも、間隔がつかめると他の鍵盤の所も同じ幅なので、取り組みやすいです。

 

覚えて弾く方へ

覚えて弾くという事を最初からされている方は、ブラインドタッチが不安でしょうがないと思います。

ですが、まずは、手元を見ないで弾く事に慣れる必要がありますから、意識して、覚えずに弾く事を心掛けてみましょう。

とたんに頭がフル回転するのがわかります。

生徒さん達も意外と弾けたりする事があって、弾きミスが減るんです。

これって、見ている所だけしか頭に入って来なかった事が、見ない事で、鍵盤の感覚・間隔をつかみやすくなるんだと思います。

まずは、最初の一歩です!

 

次は譜読み

番号を使ったブラインドタッチの練習では、まず感覚・間隔をつかむ事、指がスラスラ動く事を目的にしていました。

この事が出来るようになったら、譜読みも合わせて取り組みます。

 

ブラインドタッチの練習をしながら、譜読みの練習にも取り組みます。

楽譜を見て、一瞬で音を音楽を読み取る練習です。

 

私のレッスンでは、絶対にドレミを書かないとお願いしています。

そのうちに、必ず読めるようにするために対策を取ります。

この事は、次に生徒さんが、初見奏に取り組もうと思われた時、つまずかないための最大の手立てです。

そして、初見奏に取り組まなくても、だんだんと新しい曲に移っていくのが楽になるでしょう。

まとめ

譜読みの練習では、一瞬で楽譜から音とリズムを読み取って、その通りに指を動かさないといけないです。

なので、初見奏の練習は、かなり難しい事だと思っています。

ですが、基礎の部分を積み上げていけば絶対に出来るはず。

 

譜読みは面倒くさいから、ドレミを書こう!

とか、

音楽を覚えないと弾けないから覚えちゃおう!

とか、

ブラインドのタッチは出来ない

と言ってるうちは、初見奏は出来るようにならないと思います。

出来るようになりたいのなら、今日からここに書いていある事を実際にやりましょう。

必ず、出来るようになります。

頑張ってくださいね。

今日もおよみくださって、ありがとう!

 

大人のピアノ学習者さんを応援するための

無料メルマガ

無料メルマガ画像

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴぴオンラインピアノ教室【大人初心者ピアノ教室】講師 /中学校の音楽の先生→ピアノ講師/ピアノ指導歴20年/姶良市にて常時60人近くの生徒さんとレッスン/令和2年より鹿児島市でオンラインレッスンを展開/趣味は手作り教材作り/主にコード奏の事と演奏のコツ、教室経営に役立つ事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大人初心者さんの為のピアノ教室 , 2019 All Rights Reserved.